日本労働研究雑誌 2019年総目次

「提言」や「論文」などカテゴリー毎に2019年の掲載タイトルをまとめています。(原則毎月25日更新)※刊行後3ヶ月間は論文の要約を、3ヶ月経過後は全文をご覧になれます。

カテゴリー

提言

1月号(No.702)
裁量労働制の見直しに必要なこと(PDF:490KB)

山口 浩一郎

2・3月号(No.704)
労働調査という逆説(PDF:488KB)

石田 光男

論文

1月号(No.702)

働き方改革シリーズ2「労働時間」

労働時間規制改革の法的分析

和田 肇

EU労働時間指令2003/88/ECの適用範囲と柔軟性─沿革と目的、そして基本権を踏まえて

井川 志郎

働き方改革関連法による長時間労働是正の効果

山本 勲

労働時間の規制改革と企業の対応

小倉 一哉

働き方改革関連法の審議と労使関係─労働時間法制について

戎野 淑子

特別号(No.703)

2018年労働政策研究会議報告

パネルディスカッション●従業員の発言システムをめぐる現状と政策課題

労働者代表制をめぐる論点と現場からの報告

小畑 明

職場における労働者代表制─その一環としての従業員代表制の立法整備を考える

竹内(奥野) 寿

労働者の発言は有効か?─中小企業の労使コミュニケーションと従業員組織の効果

野田 知彦

ドイツにおける従業員代表制の現状と課題

久本 憲夫

自由論題セッション●第1分科会

有志による社内活動におけるリーダーシップ行動に関する質的研究

金澤 元紀

自由論題セッション●第2分科会

高齢雇用者のジョブ・クラフティングの規定要因とその影響─修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチからの探索的検討

岸田 泰則

職種と雇用形態が出産・育児期女性の初職継続に与える影響─改正均等法前後の世代間比較分析

小松 恭子

自由論題セッション●第3分科会

両立支援策の利用が女性の賃金に及ぼす影響

横山 真紀

論文要旨

特別号(No.703)

2018年労働政策研究会議報告

自由論題セッション●第1分科会

次善の資源配分を達成するための人員削減ルール(PDF:463KB)

高原 正之

オーストラリアにおける人事労務管理とワーク・ライフ・バランスに関する一考察(PDF:460KB)

渡部 あさみ

田中 秀樹

自由論題セッション●第2分科会

ダイバーシティ経営に関する企業の取組み及び職場風土─大企業の正社員アンケート調査分析から(PDF:474KB)

酒井 之子

自由論題セッション●第3分科会

無期転換ルールの導入は非正規労働者を減らすだろうか?─韓国の先例から読み解く(PDF:479KB)

金 明 中

小企業で働く人々のキャリア展望と能力開発活動─なぜ小企業勤務者は乏しい能力開発機会を問題と感じないのか(PDF:463KB)

藤本 真

紹介

1月号(No.702)

働き方改革シリーズ2「労働時間」

トラック運輸の長時間労働改善の取り組み

浅井 邦茂

学界展望

2・3月号(No.704)
労働調査研究の現在─2016~18年の業績を通じて

小川 慎一

西野 史子

西村 純

西村 孝史

追悼

1月号(No.702)
人間の偽善を見抜くユーモアの感覚──ドーア先生のご逝去を悼んで(PDF:617KB)

稲上 毅

書評

2・3月号(No.704)
中村高康・平沢和司・荒牧草平・中澤渉(編)『教育と社会階層─ESSM全国調査からみた学歴・学校・格差』

吉川 徹

西岡由美 著『多様化する雇用形態の人事管理─人材ポートフォリオの実証分析』

佐藤 厚

読書ノート

1月号(No.702)
下山晴彦 監修/中野美奈 著『ストレスチェック時代の職場の「新型うつ」対策─理解・予防・支援のために』

深町 珠由

2・3月号(No.704)
玄田有史 編『30代の働く地図』

西村 幸満

論文Today

1月号(No.702)
キャリア支援のための学習ゲーム

木村 知宏

2・3月号(No.704)
仕事上の社会的相互作用は職務消耗感を高めてしまうのか─資源保存理論(Conservation of Resources Theory)の観点から

大平 剛士

フィールド・アイ

1月号(No.702)
エガリタリアン均衡への「力」(ノルウェーから③)

小野坂 優子

2・3月号(No.704)
アーバイン市の保育・学童事情(アーバインから①)

丸山 亜希子

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。