日本労働研究雑誌 最新号:2020年12月号(No.725)


特集:変化する管理職の役割と地位


2020年11月25日発行 B5判 148頁 1部852円+税(送料別) ご注文方法


※刊行後3ヶ月間は論文の要約を、3ヶ月経過後は全文をご覧になれます。(固定リンク)

2020年11月25日 掲載

提言

管理職はどう決める?(PDF:494KB)

八代 充史(慶應義塾大学教授)

解題

変化する管理職の役割と地位(PDF:573KB)

編集委員会

論文

管理職の役割の変化とその課題──文献レビューによる検討 要約

坂爪 洋美(法政大学教授)

日・米・中の管理職の働き方──ジョブ型雇用を目指す日本企業への示唆 要約

久米 功一(東洋大学准教授)

中村 天江(リクルートワークス研究所主任研究員)

大学上級管理職の経営能力養成の現状と今後 要約

両角 亜希子(東京大学准教授)

管理職への昇進の変化──「遅い昇進」の変容とその影響 要約

佐藤 香織(国士舘大学講師)

管理職昇進をめぐる男女間不平等と国際比較──労働市場と福祉国家 要約

竹ノ下 弘久(慶應義塾大学教授)

田上 皓大(慶應義塾大学大学院後期博士課程)

雇用環境の変化と管理監督者──スタッフ職の管理監督者性を中心に 要約

沼田 雅之(法政大学教授)

管理職の健康──他職種との比較,時代的変遷,今後の課題 要約

田中 宏和(エラスムス大学医療センター研究員)

小林 廉毅(東京大学大学院教授)

研究ノート(投稿)

育児休業取得期間が復帰後の女性の仕事満足度に与える影響 要約

奥井 めぐみ(金沢学院大学教授)

書評

多喜弘文 著『学校教育と不平等の比較社会学』

垂見 裕子(武蔵大学教授)

尾形真実哉 著『若年就業者の組織適応──リアリティ・ショックからの成長』

安達 智子(大阪教育大学教授)

論文Today

労働基準に関する法における精神的ハラスメント規定の改正──ジェンダーへの一層の感度を求める呼びかけは聞き入れられるか?

日原 雪恵(東京大学助教)

フィールド・アイ

「拍手」で伝えるケア労働者への感謝?──イギリスでのコロナ感染者の拡大と高齢者介護(ブリストルから①)

山下 順子(ブリストル大学上級講師)

発表

第43回(令和2年度)労働関係図書優秀賞 第21回(令和2年度)労働関係論文優秀賞(PDF:1.44MB)

総目次

『日本労働研究雑誌』総目次 2020年1〜12月号(No.714〜725)(PDF:711KB)

次号予告(2021年1月号)「新たな労働市場における労働保険の役割」(仮)

女性や高齢者の活用、兼業・副業などの柔軟な働き方の促進が重要な政策課題の1つとなっているなど、労働市場が変容していくなかで、労働保険が直面する課題と今後の展望について論じていただきます。どうぞご期待ください。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。