日本労働研究雑誌 2019年12月号(No.713)


特集:アクティベーション政策の動向と実際


2019年11月25日 掲載/2020年2月25日 全文掲載

提言

アクティベーションを評価する視点(PDF:500KB)

埋橋 孝文(同志社大学社会学部教授)

解題

アクティベーション政策の動向と実際(PDF:566KB)

編集委員会

論文

アクティベーション政策とは何か(PDF:806KB)

中村 健吾(大阪市立大学大学院教授)

スウェーデンにおけるアクティベーション政策と生活保障システム(PDF:709KB)

太田 美帆(静岡大学助教)

デンマークにおける積極的社会政策の展開─公的扶助制度の変遷を中心に(PDF:815KB)

加藤 壮一郎(熊本市都市政策研究所研究員)

制裁の効果と妥当性をめぐる議論─ドイツにおける動向(PDF:752KB)

森 周子(高崎経済大学教授)

イギリスにおける福祉コンディショナリティの展開と影響(PDF:988KB)

阪野 智一(神戸大学大学院教授)

日本における中間的就労機会の広がり─社会的包摂にどう結びつけるのか?(PDF:801KB)

櫻井 純理(立命館大学教授)

論文(投稿)

コーリングによる職務行動志向への影響の両義性─自動車販売職における定量的分析をもとに(PDF:769KB)

上野山 達哉(大阪府立大学大学院准教授)

書評

石井香江 著『電話交換手はなぜ「女の仕事」になったのか─技術とジェンダーの日独比較社会史』(PDF:664KB)

高見 具広(JILPT副主任研究員)

読書ノート

大内伸哉 著『非正社員改革─同一労働同一賃金によって格差はなくならない』(PDF:642KB)

阿部 未央(山形大学人文社会科学部准教授)

論文Today

リーダーシップ研究の全体像と変遷の可視化(PDF:557KB)

柏倉 大泰(一橋大学大学院博士後期課程)

フィールド・アイ

中国ネット配車サービスの特徴(北京から②)(PDF:588KB)

仲 琦(JILPT研究員)

発表

第42回(令和元年度)労働関係図書優秀賞 第20回(令和元年度)労働関係論文優秀賞(PDF:1.82MB)

総目次

『日本労働研究雑誌』総目次 2019年1~12月号(No.702~713)(PDF:728KB)

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。