海外労働情報20-03
第17回北東アジア労働フォーラム報告書
労働時間とワーク・ライフ・バランス

掲載日:令和2年4月10日

概要

労働政策研究・研修機構(JILPT)は2019年11月29日、韓国ソウルで第17回北東アジア労働フォーラム(日中韓ワークショップ)を開催しました。本フォーラムは、労働政策研究・研修機構(JILPT)、韓国労働研究院(KLI)、中国労働社会保障科学研究院(CALSS)の日中韓3カ国の労働政策研究機関が共通するテーマに基づき、研究成果を持ち寄り、報告と討論を行うことによって、各国の労働政策研究に示唆を与え合うことを目的として、2002年から毎年開催しています。

今回のテーマは「労働時間とワーク・ライフ・バランス」です。

仕事の世界の変化に伴い、労働時間やワーク・ライフ・バランスのあり方も見直されつつあります。長時間労働を是とする価値観が改められた今日において、長時間労働を生じさせる社会構造を改善し、ワーク・ライフ・バランスを促進するため、実行力のある政策の検討が必要となっています。

今回のフォーラムでは、各国における労働時間の現状と課題、労働時間法制やワーク・ライフ・バランス実現のための取り組みに関する議論を通じて、今後の政策研究のあり方について意見交換を行いました。

本報告書は、フォーラムで提出された論文を収録したものです。

関連の研究成果

関連情報

お問合せ先

内容について

調査部 国際研究交流課 電話:03-5903-6274
(10時~12時および13時~17時。土日祝日と年末年始を除く。)

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。