JILPTリサーチアイ

政策の形成に資する労働をめぐる情報(エビデンス)を提示しています。

第32回(最新)

新時代の高齢者の「生きがい的就労」

中山 明広 人材育成部門 統括研究員

「令和」は人口減少と高齢化の進む時代である。令和35(2053)年には我が国の総人口は1億人を切り、65歳以上人口比率は38%台になると推計されている。このような社会が活力を維持していくためには、高齢者ができる限り長く、健康でいきいきと活躍することが不可欠であることは議論の余地はないだろう。全文を読む

2019年4月10日(水曜)掲載