日本労働研究雑誌 最新号:2021年8月号(No.733)


特集:日本におけるインターンシップの展開と現状


2021年7月25日発行 B5判 104頁 1部937円(本体852円)(送料別) ご注文方法


※刊行後3ヶ月間は論文の要約を、3ヶ月経過後は全文をご覧になれます。(固定リンク)

2021年7月26日 掲載

提言

日本型インターンシップのゆくえ(PDF:490KB)

児美川 孝一郎(法政大学教授)

解題

日本におけるインターンシップの展開と現状(PDF:538KB)

編集委員会

論文

日本における大学生のインターンシップの歴史的背景や近年の変化とその課題─「教育目的」と「就職・採用目的」の視点で 要約

亀野 淳(北海道大学高等教育推進機構教授)

大学教育としてのインターンシップの現状と課題 要約

松高 政(京都産業大学准教授)

大学キャリアセンターから見るインターンシップおよびキャリアセンターの果たすべき役割 要約

住田 曉弘(東京都市大学学生支援部部長)

多様なインターンシップ経験と効果の一考察 要約

初見 康行(多摩大学准教授)

坂爪 洋美(法政大学教授)

梅崎 修(法政大学教授)

長期実践型インターンシップが生み出す中小企業と学生の学び合い 要約

芦塚 格(近畿大学教授)

地域創生へのインターンシップ─コーディネーターの重要性 要約

今永 典秀(名古屋産業大学准教授)

書評

ジリアン・トーマス 著/中窪裕也 訳『雇用差別と闘うアメリカの女性たち─最高裁を動かした10の物語』

菅野 淑子(北海道教育大学札幌校教授)

小塩隆士 著『日本人の健康を社会科学で考える』

湯田 道生(東北大学大学院准教授)

西成田豊 著『日本の近代化と民衆意識の変容─機械工の情念と行動』

勝俣 達也(専修大学准教授)

論文Today

行政データを用いた階層化の文脈の探求

田上 皓大(慶應義塾大学大学院後期博士課程)

フィールド・アイ

オックスフォード大学の魅力(オックスフォードから②)

西岡 由美(立正大学教授)

次号予告(2021年9月号)「高年齢者と労働──現状と今後」(仮)

本年4月に改正高年齢者雇用安定法が施行され、70歳までの就業確保措置を講じることが「努力義務」となりました。人口減少が続く中で、これまで以上に働く高年齢者の存在がより身近になるなかで、高年齢者が働くうえでの環境整備上の課題や、企業における生産性向上や競争力維持への対応、中高年期におけるキャリア形成支援のあり方などについて、多面的に整理・検討します。どうぞご期待ください。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。