第2四半期の失業率、9.1%に上昇
―INSEE雇用調査

カテゴリー:雇用・失業問題統計

フランスの記事一覧

  • 国別労働トピック:2009年10月

国立統計経済研究所(INSEE)が、9月3日に発表した雇用調査結果(速報)によると、2009年第2四半期(4~6月)のフランス本土のILO基準による失業率は9.1%で、第1四半期の8.5%(修正済み)から0.6ポイント上昇、失業者数はおよそ260万人に上った。失業率は2006年初めに9.1%に達し、その後は2008年初めまで減少傾向にあったが、再び上昇。世界的な金融・経済危機の影響を受けて悪化の一途をたどっている。

図 ILO基準による失業率の推移
四半期平均CVS(季節変動調整)データ

図

注:France =フランス本土+海外県(Dom)

France Métropolitaine = フランス本土

失業率は、+/-0.4ポイントの誤差の見込みがある

四半期から四半期にかけての失業率の変化について、+/-0.3ポイントの誤差の見込みがある(範囲:15歳以上)

出典:INSEE 雇用調査

INSEE “Informations Rapides” 3septembre 2009 - n° 227

表:ILO基準によるフランス本土の失業率及び失業者数
四半期平均CVS(季節変動調整)データ
  ILO失業率
(%)
失業者数
(1000人)
09年
第1四半期
09年
第2四半期 (P)*
09年
第2四半期 (P)*
合計 8.5 9.1 2591
15~24歳 22.3 23.9 662
25~49歳 7.6 8.1 1490
50歳以上 5.7 6.0 439
男性 8.1 8.8 1310
15~24歳 23.6 24.7 373
25~49歳 6.6 7.5 723
50歳以上 5.6 5.8 214
女性 9.0 9.4 1280
15~24歳 20.7 22.8 289
25~49歳 8.6 8.7 767
50歳以上 5.8 6.3 224

注:*(p)=暫定値

範囲:フランス本土、15歳以上

出典:INSEE、雇用調査

INSEE “Informations Rapides” 3septembre 2009 - n° 227より作成

INSEEは、就業者の5.9%(152万1000人)がILOの定義における不完全就業の状態にあると指摘している。ちなみにINSEEでは、ILOの定義に準拠した「不完全就業の状態にある者」を「求職中であるか否かを問わず、所定の週に、より長い就業を希望し、より長い就業が可能であるパートタイム労働者。通常の時間より短い就業を余儀なくされている者も含む」としている。

INSEEによれば、第2四半期では、レイオフや不完全失業の状況にある者が、前期より16万人増加(0.6ポイント上昇)し、31万9,000人となった。これは、1993年と同水準である。

資料

2009年10月 フランスの記事一覧

関連情報

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。