Wered BEN-SADE(ヴェレド・ベンサデ)
イスラエル バルイラン大学 教育助手

招聘期間

2016年5月13日~7月17日

招聘期間中の研究テーマと提出論文

日本の労使紛争解決システム

Japan’s Treatment of Unfair Labor Practices: The Interplay of Adjudication and Mediation (PDF:317KB)

学歴

  • 2016年~ エルサレム・ヘブライ大学人文科学部アジア学科博士課程

専門分野・関心領域

日本の法律

主な研究業績

  • Ben-Sade, W. (2015) “Japan’s Labor Tribunal System: A new Paradigm of Democratic Justice?”, in Japan’s Multilayered Democracy (Editors Sigal Ben-Rafael Galanti, Nissim Otmazgin and Alon Levkowitz) (Lexington Books, Lanham, MD) pp. 123-144.
  • Ben-Sade, W. (2012) "Exploitative employment at a University and the labor union of temporary academic workers: Sisyphus up Mt. Carmel", in Offensive and Precarious Employment (Editors Daniel Mishori and Anat Maor) (The Social Economic Academy and Ahva Pub.) pp. 247-269 (in Hebrew).
Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。