Isabelle Roussel Verret(イザベル・ルーセル・ベッレト)
フランス幹部職員組合(CFE-CGC)ヨーロッパ社会法担当法律相談役

招聘期間

2006年4月10日~8月9日

招聘期間中の研究テーマと提出論文

集団的労使関係に関する日仏比較-労働者代表システムの日仏におけるあるべき姿を検討

Collective Employee Representation Systems in Japan and France (PDF:219KB)

学歴

パリ第10大学 労働法 法学修士取得

職歴

  • 2003年 現職
  • 2005年 パリ第10大学において政治学の講義を行う

専門分野・関心領域

労働法、ヨーロッパ社会法

主な研究業績

2004~2005年には、EIROによる「ヨーロッパ諸国における産業システムの考察」の出版に参加する等精力的に活動。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。