Jeanette D. Tana(ジャネット・タナ)
フィリピン雇用労働省労働研究所雇用研究部チーフオフィサー

招聘期間

2004年 5月12日~2004年6月12日
Tana研究員は、奥津統括研究員・金崎副統括研究員のアドバイスのもと研究活動を行いました。

招聘期間中の研究テーマと提出論文

日本の公共職業安定所の経験からフィリピンの公共職業紹介事業の強化策について

Enhancing the Performance of the Philippine Public Employment Service Office (PPESO): Drawing Lessons from Japan's Public Employment Security Office (JPESO)(PDF:309KB)

学歴

  • マニラPLM大学経済学部経営管理修了
  • フィリピン大学経済学部大学院開発経済学修士課程修了
  • セント・トーマス大学大学院経済学修士課程修了

職歴

  • 1989年フィリピン雇用労働省労働研究所研究助手
  • 2003年1月より現職

専門分野・関心領域

雇用政策開発、策定

主な研究業績

「フィリピンの貧困地域における貧困緩和及び雇用創出計画の研究:タイから学ぶ教訓」2003年

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。