James RAYMO(ジェームス・ライモ)
ウィスコンシン大学教授(アメリカ)

招聘期間

2014年6月16日~7月20日

招聘期間中の研究テーマと提出論文

日本のシングルマザーのワーク・ファミリー・コンフリクト

Single motherhood and work-family conflict in Japan (PDF:308KB)

学歴

  • 1995年 大阪大学経済学修士
  • 2000年 ミシガン大学社会学博士号取得

職歴

  • 2000年 ウィスコンシン大学準教授
  • 2006年 ウィスコンシン大学准教授
  • 2009年 ウィスコンシン大学教授

専門分野・関心領域

人口統計学

主な研究業績

  • Raymo, James M., Setsuya Fukuda, Miho Iwasawa. 2013. "Educational Differences in Divorce in Japan" Demographic Research 28: 177-206.
  • Park, Hyunjoon and James M. Raymo. 2013. "Trends and Educational Differentials in Divorce in Korea" Journal of Marriage and Family 75: 110-126.
  • Raymo, James M. and Yanfei Zhou. 2012. "Coresidence with Parents and the Well-being of Single Mothers in Japan" Population Research and Policy Review 31: 727-749.

その他、研究論文多数

お問合せ先

国際研究部研究交流課

Email: inviting [at sign] jil.go.jp