Kee Beom Kim(キー・ボーン・キム)
ILO多国籍企業プログラム テクニカルオフィサー

招聘期間

2004年6月28日~2004年7月23日

招聘期間中の研究テーマと提出論文

多国籍中小企業とその国内雇用・労働条件に及ぼす影響

Finding an entry point for the promotion of corporate social responsibility in small and medium- sized enterprises in Japan (PDF:41KB)

学歴

  • 1997年 ペンシルヴァニア大学 経済学修士号取得
  • 2002年 高麗大学大学院 国際通商学修士号取得

職歴

  • 1997年6月~2001年2月まで 韓国開発銀行エコノミスト
  • 2002年4月より現職

専門分野・関心領域

外国直接投資と労働

主な研究業績

  • 『21世紀始めの多国籍企業と雇用』2004年
  • 『多国籍企業の社会的責任:多国籍企業宣言の役割論議』2004年
Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。