Hwang Soo-Kyeong(黄 秀慶)
韓国労働研究院研究員

招聘期間

2006年4月10日~7月2日

招聘期間中の研究テーマと提出論文

韓国と日本の賃金と生産労働者の技術育成の比較研究

Wage structure and skill development in Korea and Japan (PDF:184KB)

学歴

  • ソウル大学 化学工学科 学士取得
  • 崇実(soongsil)大学 労働経済学 修士取得
  • ニューヨーク州立大学 経済学博士取得

職歴

  • 1989-1991年 Labor Newsでジャーナリストとして活躍
  • 1992年 KLI研究員
  • 2001年より現職

専門分野・関心領域

労働経済学

主な研究業績

  • 「独占産業部門および非独占産業部門における労働者の技能の幅と深度の比較分析」共著1993年
  • 「科学技術分野における女性労働力育成の限界」2003年
  • 「新国際障害分類の理解と機能障害概念の導入」2004年

その他著書多数

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。