Durrishah Idrus(ドゥリッシャー・イドゥラス)
マレーシア国際看護・厚生科学大学副学長

招聘期間

2012年3月18日~2012年3月30日

招聘期間中の研究テーマと提出論文

日本とマレーシアにおける民間ヘルスケア部門の比較研究:調和のとれた職場関係のための政策に焦点をあてて

Private Healthcare Policy and System in Malaysia and Japan: Sustaining Harmonious Workplace Relations through Good Governance and Best Practices (PDF:338KB)

学歴

  • 1984年 マレーシア・マラヤ大学卒
  • 1995年 マレーシアマラヤ大学 経済史修士号取得
  • 2001年 イギリス・スターリング大学 
  • マネージメント(労使関係)博士号取得

職歴

マレーシア工科大学(UTM)にて27年間、理工学部、技術革新政策等で学部長としてつとめた後、現職

専門分野・関心領域

労使関係、人事管理、高等教育政策、労働安全衛生

主な研究業績

欧州委員会(EC)The DIM-SUM Project(マレーシア、インド、ネパール、インドネシア4カ国の水管理システムの政策と意思決定プロセス分析研究)を実施。
また、マレーシア選挙委員会(The Malaysian Election Commission)へのコンサルテーションを主導し、マレーシアの選挙制度改善に貢献した。

その他研究論文多数

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。