不法移民が前年比で80万人の減少
―国土安全保障省の発表

カテゴリー:外国人労働者

アメリカの記事一覧

  • 国別労働トピック:2010年3月

国土安全保障省(DHS)がセンサス局のデータに基づき推計した移民に関する統計データを2月9日公表した。この発表によると、2009年1月時点の不法移民の数は、1075万人と推計、前年の1160万人から約80万人減少している。2000年から近年のピークであった2007年にかけて約330万人増加し、1180万人まで達したが、その後2009年にかけて減少傾向にあり、約100万人減少したことになる。

この他のデータで、ピュー・ヒスパニック・センター(注1)が公表した不法移民の推計によると、1110万人(2005年3月)、1150万人(2006年3月)、1240万人(2007年3月)、1190万人(2008年3月)という推移になっている(図1参照)。

また、不法移民のほか、2047万人の合法の移民および合法の非移民(注2)が滞在しているとされており、合計で外国出生者の数は3122万人に及ぶ。

図1:不法移民数の推移(百万人)

図1

資料出所:出所:国土安全保障省資料
但し、2001年から2004年までは推計データが作成されていない

参考資料

2010年3月 アメリカの記事一覧

関連情報

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。