海外労働情報19-03
ベトナムの労働を取り巻く現状

掲載日:平成31年4月15日

概要

研究の目的

アジア諸国は近年、製造拠点としてだけでなくモノやサービスの巨大な消費市場として、日系企業の注目を集めている。ベトナムには2017年10月時点で1816の日系企業が進出しており(拠点数)、進出先としては世界で6番目に多い。人口は9000万人を超え、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加、ASEAN(東南アジア諸国連合)経済共同体(AEC)の発足などにより、経済活動の活性化も期待される。日系企業が現地で円滑な経営を行なうために必要な情報の収集・提供を目的とした研究プロジェクトの一環として、平成27~28年度にベトナムの労働事情調査を実施した。本書はその調査結果をもとに、ベトナムの労働を取り巻く現状を整理し、ベトナムへの企業進出に必要な情報をまとめたものである。

付随情報

研究期間

平成27年度~平成28年度

執筆担当者

稲川 文夫
元中央職業能力開発協会
上東 亘
渥美坂井法律事務所
川畑 康治
神戸大学
斉藤 善久
神戸大学
石井 和広
労働政策研究・研修機構

(所属は執筆当時)

関連情報

お問合せ先

内容について

研究調整部 研究調整課 電話:03-5991-5104

ご意見・ご感想

研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。