多国籍企業の海外支社、11年から4.2%の雇用増

カテゴリー:雇用・失業問題

アメリカの記事一覧

  • 国別労働トピック:2013年12月

商務省の11日発表によると、アメリカの多国籍企業の海外支社の雇用者数は、2011年から4.2%増えている。これに対し、国内の親会社は0.4%増とほぼ横ばいの状態だ。

世界全体で3470万人を雇用

アメリカの多国籍企業が2011年に世界全体で雇用したのは3470万人で、対前年比で1.1%増。

フルタイムとパートタイムを合わせた雇用者数は、アメリカ本国で2290万人、海外支社では1180万人だった。親会社の雇用者数の世界に占める比率は66%、海外支社は34.0%。

親会社の雇用者数が世界全体に占める割合は、1989年の79%から低下し続けている。

本国を上回る売上高の成長

雇用増に合わせて、海外支社の売上高も拡大している。2011年のアメリカ本国の親会社の売上高は10.6兆ドルで、対前年比で8.9%増だったところ、海外支社の売上高は7超ドルで、対年比は14.6%増にものぼった。

(山崎 憲)

参考

  • Kevin B. Barefoot, U.S. Multinational Companies
  • Operations of U.S. Parents and Foreign Affiliates in 2011,U.S. Department of Commerce, Bureau of Economic Analysis, Nov.25.リンク先を新しいウィンドウでひらく
  • 1米ドル(USD)=102.45円(※みずほ銀行ウェブサイトリンク先を新しいウィンドウでひらく2013年12月5日現在)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。