日本労働研究雑誌 2020年7月号(No.720)


特集:チームワーク


※刊行後3ヶ月間は論文の要約を、3ヶ月経過後は全文をご覧になれます。

2020年6月25日 掲載

提言

チームの多様性を活かす阿吽の呼吸(PDF:494KB)

村瀬 俊朗(早稲田大学准教授)

解題

チームワーク(PDF:548KB)

編集委員会

論文

問題解決のための協働──日本企業における小集団活動の歴史 要約

小川 慎一(横浜国立大学教授)

チームの有効性とその規定要因──心理学のパースペクティブから 要約

山口 裕幸(九州大学教授)

チームワークの効果と課題──組織の経済学の観点から 要約

石原 章史(東京大学准教授)

コンフリクト・マネジメント・フレームワーク──近年のコンフリクト研究に対する文献研究より 要約

宍戸 拓人(武蔵野大学准教授)

日本企業における協働のあり方──チームと個人の関係性に注目して 要約

太田 肇(同志社大学教授)

職場におけるダイバーシティとパフォーマンス──既存研究のレビューと今後の方向性 要約

谷川 智彦(立命館大学准教授)

ノンテリトリアル・オフィスの空間設計と身体作法──流動的再場所化による創造的チームワークの達成 要約

松永 伸太朗(長野大学助教)

梅崎 修(法政大学教授)

藤本 真(JILPT主任研究員)

池田 心豪(JILPT主任研究員)

西村 純(JILPT副主任研究員)

秋谷 直矩(山口大学講師)

書評

黒岩容子 著『EU性差別禁止法理の展開──形式的平等から実質的平等へ、さらに次のステージへ』

龔 敏(久留米大学教授)

読書ノート

梅崎修・池田心豪・藤本真 編著『労働・職場調査ガイドブック──多様な手法で探索する働く人たちの世界』

冨田 安信(同志社大学教授)

論文Today

M&Aの統合におけるマネジメントの様々な役割──従業員の抵抗を緩和するため誰が・いつ・何に関与すべきか

三浦 友里恵(一橋大学大学院博士後期課程)

フィールド・アイ

ドイツ版「守破離」の思想?(ミュンヘンから②)

後藤 究(中央大学大学院博士後期課程)

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。