日本労働研究雑誌 2020年4月号(No.717)


特集:平成の労働市場


※刊行後3ヶ月間は論文の要約を、3ヶ月経過後は全文をご覧になれます。

2020年3月25日 掲載

特集趣旨

平成の労働市場

編集委員会

エッセイ

労働市場の全体的な動向

太田 聰一(慶應義塾大学教授)

賃金

石田 光男(同志社大学名誉教授)

賃金格差

玄田 有史(東京大学教授)

正規・非正規労働

今野 浩一郎(学習院大学名誉教授)

女性労働

大沢 真知子(日本女子大学教授)

若者・無業者

小杉 礼子(JILPT研究顧問)

高齢者労働

清家 篤(日本私立学校振興・共済事業団理事長)

外国人労働

中村 二朗(日本大学教授)

均等問題

浅倉 むつ子(早稲田大学名誉教授)

離職・失業

八代 尚宏(昭和女子大学特命教授)

ワーク・ライフ・バランス

佐藤 博樹(中央大学大学院戦略経営研究科教授)

能力開発

佐藤 厚(法政大学教授)

労使関係

仁田 道夫(東京大学名誉教授)

労働災害

西村 健一郎(京都大学名誉教授)

労働政策

菅野 和夫(東京大学名誉教授)

書評

上林憲雄・平野光俊 編著『日本の人事システム─その伝統と革新』

島貫 智行(一橋大学大学院教授)

論文Today

消えた格差─ジェンダー・バイアスが「存在すること」と「見えること」のあいだ

鈴木 恭子(東京大学大学院博士課程)

フィールド・アイ

ドイツでも「ワーク・ライフ・アンバランス」(ミュンヘンから②)

川田 知子(中央大学教授)

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。