JILPTにおける2017年度(平成29年度)調査研究成果をベースとした
政策論点レポート

概要

このレポートは、2017年度においてJILPTが取りまとめた調査研究成果をベースにしています。2017年度は第4期の初年度であったこともあり、調査研究成果の数はそれほど多くはありませんが、いくつか注目に値する研究成果を出しています。

2017年度成果 政策論点レポート(PDF:1.6MB)
2019年3月 A4判/84頁

目次

  • はじめに
  • 第1章 対象期間における労働経済の動向

    • 第1節 日本経済の動向
    • 第2節 雇用失業の動き
    • 第3節 賃金、労働時間の動向
    • 第4節 経済、雇用・労働のまとめ
  • 第2章 2017年度における労働政策の動向

    • 第1節 官邸・内閣府等における労働政策の動向
    • 第2節 厚生労働省等における労働政策の動向
  • 第3章 JILPTにおける労働政策に係る調査研究の成果

    • 第1節 労働市場政策
    • 第2節 労働条件政策
    • 第3節 労働人権政策
    • 第4節 労使関係政策
  • 第4章 JILPTにおける研究成果の普及と今後の課題

    • 第1節 第3期プロジェクト研究シリーズの刊行
    • 第2節 第4期における調査研究の方向性

執筆担当者

濱口 桂一郎
労働政策研究・研修機構 研究所長(はじめに、第2、3、4章)
井嶋 俊幸
調査部統計解析担当部長(第1章)

所属・肩書きは2019年3月時点


Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。