労働政策研究報告書No.75
働き方の多様化とセーフティネット
―能力開発とワークライフバランスに着目して―

掲載日:平成 19 年 3 月 16 日

概要

近年、日本の労働市場では、雇用・就業形態の多様化が進んでいます。こうしたなか、所得をえるための機会としてだけでなく、キャリア形成やワークライフバランスを確保した働き方を実現するために必要なセーフティネットを、労働者が自分で用意したり、企業や社会が提供するものを十分に利用できているのか。また、それぞれのセーフティネットは近年の雇用・就業形態の変化に対応したものなのか。セーフティネットの現状を正確に把握することは、今後の雇用政策の立案において不可欠な研究課題です。

当機構では、プロジェクト研究「我が国における雇用戦略の在り方に関する研究」のサブテーマとして、「働き方とセーフティネットに関する研究」を実施しました。この研究の予備的な分析結果については、『日本人の働き方とセーフティネットに関する研究(資料シリーズNo. 14)』として当機構から既に公表されていますが、最終分析結果をとりまとめたのが本報告書です。本報告書では、能力開発機会や法的知識の程度に加えて、ワークライフバランスや働き方の自律性についても分析しています。その上で、働く人々の生活と雇用の安定や、円滑なキャリア形成を実現するためのセーフティネットのあり方について、政策的な課題を整理しています。

本文

研究期間

平成17 ~ 18年度

執筆担当者

佐藤 博樹
労働政策研究・研修機構 特別研究員,東京大学社会科学研究所 教授
原 ひろみ
労働政策研究・研修機構 研究員
高橋 康二
麗澤大学外国語学部 非常勤講師,
東京大学大学院人文社会系研究科(社会学)博士課程
佐野 嘉秀
東京大学社会科学研究所 客員助教授
本多 則惠
厚生労働省大臣官房総務課・情報公開文書室長

お問合せ先

内容について
研究調整部 研究調整課 03(5991)5104

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。