労働政策研究報告書No.28
新規学卒採用の現状と将来
―高卒採用は回復するか―

掲載日:平成 17 年 5 月 19 日

概要

企業本社の人事、労務担当者を対象にアンケート調査、ヒアリング調査を実施し、企業の高卒採用の実態を把握するとともに、将来的にどのような企業が高卒採用を増加・復活させる可能性があるのかを分析しました。

調査・分析の結果、(1)二十歳前から自社内で育成を始め、将来的に企業に固有の技術や業務の担い手となってくれることを高卒者に期待している企業では、現在も新規高卒採用を積極的に行っていること、(2)高卒労働市場は縮小傾向にあるが、高卒採用を将来にわたって継続しようという意向をもつ企業も少なからず存在すること、(3)高卒者の能力がより向上したり、高卒者の活用に対する企業の理解度が高まったりすれば、企業が高卒者の新規採用を増加させる可能性があること、などがわかりました。

本文

研究期間

平成 16年 4月 ~ 平成 17年 3月

執筆担当者

佐藤 博樹
労働政策研究・研修機構 特別研究員 東京大学社会科学研究所 教授
原 ひろみ
労働政策研究・研修機構 研究員
佐野 嘉秀
東京大学社会科学研究所 客員助教授
上西 充子
法政大学キャリアデザイン学部 助教授
堀田 聰子
東京大学社会科学研究所 助手

お問合せ先

内容について
研究調整部 研究調整課 03(5991)5104

ご意見・ご感想

調査研究成果に関するご意見・ご感想はこちらの送信フォームから

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。