アジア労働問題研究機関ネットワーク会議
情報通信技術(ICT)のディーセントワークへの影響
(2004年12月2日~3日)

背景

労働政策研究・研修機構(JILPT)では、ILOアジア太平洋総局・国際労働問題研究所(IILS)とともに、「アジア労働問題研究機関ネットワーク」を1994年に立ち上げた。ネットワークの主なねらいは、各国に共通の諸問題に関する調査研究等を通じて、参加研究機関の政策提言機能等を高め、同時に参加機関相互の議論や情報交換を促進することにある。その第4ラウンドとして、2002年からは、 「アジア太平洋地域における情報通信技術(ICT)のディーセントワークへの影響」をテーマに、各国において研究活動が行われてきたところであるが、その成果を議論し、集約することを目的に、バンコクにおいて会議を行った。以下は、参加各機関より会議に提出された論文である。

提出論文(日本以外は英文のみ)

日本

藤本 真:労働政策研究・研修機構 企業と雇用部門研究員

オーストラリア

Mark Cole:Senior Researcher, Australian Centre for Industrial Relation Research and Teaching (ACIRRT)

中国

Chinese Academy of Labour and Social Security, Ministry of Labour and Social Security

フィジー

Ashla Singh:Assistant Lecturer, The University of South Pacific, School of Social and Economic Development Department of Sociology

インド

Uday Kumar Varma, S.K. Sasikumar:Director, V.V. Giri National Labour Institute

インドネシア

Dr Suahasil Nazara, I Dewa Gede Karma Wisana, Deni Friawan:Demographic Institute, Faculty of Economics, University of Indonesia

韓国

Dr Junwook Hwang, Jai-joon Hur, Kang-shik Choi:Research Fellow, Korea Labour Institute

ネパール

Nepal Foundation for Advanced Studies (NEFAS)

ニュージーランド

Dr. Stephen Blumenfeld:Senior Lecturer, Industrial Relations Center, Victoria Management School, Victoria University of Wellington

パキスタン

Athar Mahmood Khan, Qamar Ali Shah:Head Department, Pakistan Manpower Institute, Government of Pakistan Labour, Manpower and Overseas

フィリピン

Jeanette Tana:Deputy Executive Director (OIC), Chief Labor and Employment Officer, Institute for Labor Studies, Department of Labour and Employment

スリランカ

M.D.A.L Ranasinghe:Senior Lecturer in Economics, Department of Economics, University of Colombo

タイ

Mallika Kunavarana:Member of Sub-committee on the Consideration of National Labour Administration Policies, National Advisory Council for Labour Development, Ministry of Labour

ベトナム

Vinh Dao Quang:Deputy Director, Institute of Labour Science and Social Affairs

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。