第2回北東アジア労働フォーラム(日中韓ワークショップ)
女性雇用政策の現状と課題
(2003年10月31日)

労働政策研究・研修機構(JILPT)は2003年10月31日、韓国の済州島で中国労働社会保障研究院(CALSS)、韓国労働研究院(KLI)と共催で「女性雇用政策の現状と課題」をテーマに日中韓ワークショップ(北東アジア労働フォーラム)を開催した。同ワークショップは2002年に中国・北京で「経済グローバル化における雇用促進政策と雇用問題の解決策」をテーマに開いた第1回に続く2回目である。

ワークショップにはJILPTの小野理事長、田小宝CALSS院長、李源徳KLI院長が各セッションの座長を務め、(1)雇用環境の変化と女性労働の実態、(2)女性雇用の拡大のための政策、のサブテーマについて3カ国の研究機関の研究員等が報告を行ったあと、活発な議論を展開した。各研究員の報告論文は以下のとおり。

報告論文

日本

中国

韓国

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。