開催報告:第6回国際シンポジウム
労働紛争・解決システム・労使関係
(2005年12月2日)

2005年12月2日、労働政策研究・研修機構(JILPT)国際研究部は(社)日本労使関係研究協会(JIRRA)と共催で、国際シンポジウム「労働紛争・解決システム・労使関係」を開催した。

シンポジウムは、以下のプログラムに沿って進められた。

プログラム

14:00
開会あいさつ
花見 忠/日本労使関係研究協会会長 
14:05
報告
韓国の労使紛争解決システムと労使関係(PDF:208KB)
イ・ジョン/韓国外国語大学教授
14:25
報告
米国における個別雇用紛争解決(PDF:69KB)
マシュウ・フィンキン/イリノイ大学教授
14:45
報告
労働・雇用関係における紛争解決:ドイツの事例(PDF:59KB)
ウルリッヒ・ツァファルト/ハンブルク大学教授
15:05
報告
日本における労働紛争の解決 −最近の進展とその背景、および将来の展望(PDF:769KB)
山川 隆一/慶應義塾大学法科大学院教授
15:25
休憩(10分)
15:35
パネルディスカッション
座長総括 毛塚 勝利/中央大学教授
17:00
終了
Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。