開催報告:第4回国際シンポジウム
欧州雇用戦略からなにを学ぶか ―わが国の政策への示唆―
(2004年10月8日)

労働政策研究・研修機構は、2004年10月8日に東京・霞ヶ関で国際シンポジウムを開催した。

シンポジウムは、以下のプログラムに沿って進められた。

当日配布資料(PDF:3MB)

プログラム

13:30-13:40
開会あいさつ
13:40-14:10
<第1部:報告>
報告1 「欧州労働市場政策の現状と展望」
べルナール・ガジェ氏(フランス・パリ第一大学教授)
14:10-14:40
報告2 「欧州新興勢力の動向」
ぺーター・アウアー氏(ILO雇用戦略部門雇用研究チーフ)
14:40-15:10
報告3 「欧州におけるジェンダー/ 『ワーク・ライフ・バランス』の取り組み」
ドミニク・アンクソ氏(スウェーデン・イエテボリ大学教授)
15:10-15:30
ブレイク
15:30-15:50
<第2部:コメント及びパネルディスカッション>
報告へのコメント
鈴木 宏昌氏(早稲田大学商学部教授)
諏訪 康雄氏(法政大学社会学部教授)
15:50-17:00
パネルディスカッション
17:00
閉会あいさつ
Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。