日本労働研究雑誌 2009年7月号(No.588)


特集:教育と労働


2009年12月25日 全文掲載

提言

公教育費支出の増額を(PDF:129KB)

橘木 俊詔(同志社大学経済学部教授)

解題

教育と労働(PDF:197KB)

編集委員会

論文

教育と労働と社会─教育効果の視点から(PDF:396KB)

矢野 眞和(昭和女子大学教授)

教育が賃金にもたらす因果的な効果について─手法のサーヴェイと新たな推定(PDF:416KB)

安井 健悟(立命館大学経済学部准教授)

佐野 晋平(神戸大学大学院経済学研究科講師)

専修学校卒業者の就業実態─職業教育に期待できる効果の範囲を探る(PDF:362KB)

濱中 淳子(独立行政法人大学入試センター研究開発部助教)

富山県「14歳の挑戦」にみる職場体験の現状と課題(PDF:372KB)

寺崎 里水(福岡大学人文学部講師)

女性の高学歴化─学部選択・就職・結婚(PDF:351KB)

石田 潤一郞(大阪大学社会経済研究所准教授)

子どもの教育成果の決定要因(PDF:952KB)

小原 美紀(大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授)

大竹 文雄(大阪大学社会経済研究所教授)

書評

伊藤健市・関口定一 編著 『ニューディール労働政策と従業員代表制─現代アメリカ労使関係の歴史的前提』(PDF:638KB)

長沼 秀世(津田塾大学名誉教授)

仁田道夫・久本憲夫 編 『日本的雇用システム』(PDF:638KB)

平野 光俊(神戸大学大学院経営学研究科教授)

遠藤昇三 著 『「戦後労働法学」の理論転換』(PDF:638KB)

三井 正信(広島大学大学院社会科学研究科教授)

論文Today

「労働時間の趨勢と変動─労働ウェッジによる理解の試み」(PDF:173KB)

村尾 徹士(一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程)

フィールド・アイ

在中国日本人派遣者の現地マネジメント上の課題(PDF:189KB)

白木 三秀(早稲田大学政治経済学術院教授)

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。