日本労働研究雑誌 2008年2・3月号(No.572)


学界展望:労働法理論の現在


2008年8月25日 全文掲載

提言

労働法を知らせる(PDF:122KB)

仁田 道夫(東京大学社会科学研究所教授)

学界展望

労働法理論の現在─2005~07年の業績を通じて(PDF:766KB)

有田 謙司(専修大学法学部教授)

奥田 香子(京都府立大学福祉社会学部准教授)

道幸 哲也(北海道大学大学院法学研究科教授)

濱口桂一郎(政策研究大学院大学教授)

労働法主要文献目録(2005~07)(PDF:697KB)

論文(投稿)

整理解雇判決が労働市場に与える影響(PDF:801KB)

奥平 寛子(大阪大学大学院経済学研究科博士課程)

研究ノート(投稿)

戦後型学歴身分制から能力主義的人事処遇制度へ─三菱電機の1968年人事処遇制度改訂(PDF:404KB)

鈴木 誠(JILPTアシスタント・フェロー)

書評論文

雇用法制を巡って 福井秀夫・大竹文雄 編著『脱格差社会と雇用法制─法と経済学で考える』(PDF:478KB)

江口 匡太(筑波大学システム情報工学研究科准教授)

神林 龍(一橋大学経済研究所准教授)

書評

本田一成 著『チェーンストアのパートタイマー─基幹化と新しい労使関係』(PDF:892KB)

脇坂 明(学習院大学経済学部教授)

野村正實 著『日本的雇用慣行─全体像構築の試み』(PDF:892KB)

山田 久((株)日本総合研究所調査部主席研究員)

論文Today

J.G.ウィリアムズ「HR慣行、組織環境、従業員の成果─地方自治体における社会的交換関係の評価」(PDF:190KB)

熊迫 真一(早稲田大学大学院経済学研究科博士課程)

フィールド・アイ

ベトナムのストライキと争議調整(PDF:177KB)

香川孝三(大阪女学院大学教授)

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。