日本労働研究雑誌 2005年4月号(No.537)


特集:スポーツと労働


対談

プロ野球とストライキ(PDF:550KB)

花見忠(上智大学名誉教授)

石嵜信憲(弁護士)

エッセイ

プロ野球と労働市場(PDF:215KB)

橘木俊詔(京都大学教授)

メジャーリーグ(MLB)におけるプロ選手の法的地位(PDF:222KB)

川井圭司(同志社大学教授)

プロスポーツ選手の労働者性(PDF:160KB)

永野秀雄(法政大学教授)

プロ野球監督の能力(PDF:316KB)

大竹文雄(大阪大学教授)

安井健悟(大阪大学大学院)

対談

アイスホッケーにみる人材育成と企業経営(PDF:316KB)

中野克彦(日本ゼオン(株)会長)

藤村博之(法政大学教授)

エッセイ

サッカーと労働(PDF:208KB)

小池和男(法政大学教授)

大相撲の報酬制度に学ぶ(PDF:214KB)

中島隆信(慶應義塾大学教授)

ゴルフの経済学(PDF:189KB)

勇上和史(労働政策研究・研修機構研究員)

スーパースターの経済学(PDF:184KB)

大橋勇雄(一橋大学教授)

企業がスポーツ・チームを持つべきか(PDF:220KB)

佐々木勝(大阪大学助教授)

体育会系の能力(PDF:206KB)

松繁寿和(大阪大学教授)

スポーツとジェンダー(PDF:186KB)

笹沼朋子(愛媛大学助教授)

対談

スポーツエージェントビジネスの奥にあるもの(PDF:349KB)

次原悦子((株)サニーサイドアップ社長)

守島基博(一橋大学教授)

エッセイ

キャリアトランジション―スポーツ選手のセカンドキャリア教育(PDF:168KB)

田中ウルヴェ京((有)MJコンテス取締役)

「プロスポーツ選手」と子供の職業認知(PDF:174KB)

下村英雄(労働政策研究・研修機構研究員)

サッカーボールに込められた願い(PDF:221KB)

逢見直人(UIゼンセン同盟副会長)

書評(PDF:485KB)

西谷敏著『規制が支える自己決定―労働法的規制システムの再構築』

大内伸哉(神戸大学教授)

高橋賢司著『成果主義賃金の研究』

藤内和公(岡山大学教授)

中村圭介・前浦穂高著『行政サービスの決定と自治体労使関係』

村松岐夫(学習院大学教授)

読書ノート

日本経済新聞社編『働くということ』(PDF:398KB)

浅川正健(伊藤忠商事(株)キャリアカウンセリング室長)

資料

労働文献目録

労働政策研究・研修機構

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。