日本労働研究雑誌 2005年2・3月号(No.536)


学界展望:労働法理論の現在─2002~04年の業績を通じて
特集:投稿論文特集2005


提言

労働法学のニューフロンティア(PDF:135KB)

菅野和夫(東京大学名誉教授)

学界展望:労働法理論の現在―2002~04年の業績を通じて(PDF:721KB)

唐津博(南山大学教授)

毛塚勝利(中央大学教授)

奥田香子(京都府立大学助教授)

川田琢之(筑波大学助教授)

特集:投稿論文特集2005

論文(投稿)

ホワイトカラー『サービス残業』の経済学的背景―労働時間・報酬に関する暗黙の契約(PDF:406KB)

高橋陽子(学習院大学大学院)

民営紹介は公営紹介よりも「効率的」か―両大戦間期のデータによる検証(PDF:562KB)

神林龍(東京都立大学助教授)

障害者雇用と市場評価―大阪府内個別企業障害者雇用状況開示のイベントスタディ(PDF:511KB)

長江亮(大阪大学大学院)

雇用調整における不確実性の影響について―企業パネルデータによる実証分析(PDF:384KB)

安井健悟(大阪大学大学院)

研究ノート(投稿)

育児休業法の規制的側面―労働需要への影響に関する試論(PDF:382KB)

森田陽子(名古屋市立大学助教授)

書評

佐藤(粒来)香著『社会移動の歴史社会学―生業(なりわい)/職業/学校』(PDF:658KB)

尾髙煌之助(法政大学教授)

労働政策研究報告書No.11『企業が参画する若年者のキャリア形成支援―学校・NPO・行政との連携のあり方』(PDF:658KB)

大久保幸夫(リクルートワークス研究所所長)

読書ノート

橘木俊詔編著、苅谷剛彦・齋藤貴男・佐藤俊樹著『封印される不平等』(PDF:311KB)

太田清(内閣府経済社会総合研究所景気統計部長)

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。