日本労働研究雑誌 2004年9月号(No.530)


特集:コンプライアンスと労働関係


提言

コンプライアンスの意義と問題点(PDF:138KB)

小林 俊治(早稲田大学商学部教授)

特集解題

コンプライアンスと労働関係(PDF:188KB)

編集委員会

紹介

企業倫理・コンプライアンスの実務的考察(PDF:390KB)

笹本 雄司郎(富士ゼロックス株式会社法務部マネジャー)

論文

「内部告発」と労働法(PDF:483KB)

水谷英夫(弁護士)

内部告発の社会心理学的考察(PDF:457KB)

新田健一(昭和女子大学名誉教授)

紹介

CSR経営と雇用・労働(PDF:431KB)

安生 徹((社)経済同友会常務理事)

企業の社会的責任と雇用・労働問題(PDF:374KB)

足達英一郎((株)日本総合研究所上席主任研究員)

コンプライアンス経営に労働組合はどう対処していくのか(PDF:582KB)

徳山 誠((株)プレビス代表取締役)

書評(PDF:600KB)

柴山恵美子・中曽根佐織編著『EUの男女均等政策』

塚崎裕子(政策研究大学院大学教授)

玄田有史著『ジョブ・クリエイション』

小滝一彦(金融庁総務企画局市場課企画官)

資料

労働文献目録

労働政策研究・研修機構

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。