プログラム 第123回労働政策フォーラム(2022年12月7日-12日)オンライン開催
高齢者の雇用・就業について考える

お申込み受付中 お申込み方法資料は当日までにお申込者にのみ配布いたします。開催報告は3,4ヶ月後公開予定です。

少子高齢化の進展と人口減少社会が到来する中で、我が国の高齢者(65歳以上)人口が占める割合および高齢者の就業率も上昇しています。昨年4月に改正高年齢者雇用安定法が施行され、企業においては、それまで希望者全員の65歳までの雇用確保措置が義務付けられていたところ、新たに70歳までの就業機会の確保措置が努力義務となり、今後ますます高齢者の活用が重要な課題となっています。

本フォーラムでは、高齢者の継続雇用と活用に積極的に取り組む企業等の事例を通して、働く意欲のある高齢者が能力発揮できるような環境整備と70歳までの雇用・就業のあり方について議論・展望します。

日時
第1部 2022年12月07日(水曜)~12日(月曜) *オンデマンド配信
第2部 2022年12月12日(月曜)15時00分~16時30分 *ライブ配信
方式
オンライン開催(Zoomウェビナー)
主催
独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)

プログラム

※事情によりプログラムが変更となる場合があります。予めご了承ください。

第1部 研究報告・事例紹介

  • オンデマンド配信 ◆ 12月7日(水曜)~12月12日(月曜)

    上記の期間内に事前に録画した動画(約100分)をご視聴いただきます。
    期間内は何度でもご視聴いただけます。

    開会挨拶

    樋口 美雄
    労働政策研究・研修機構 理事長

    研究報告

    70歳就業時代における高齢者雇用
    ─雇用体制と高齢者の就業に関する分析に基づく問題提起─

    藤本 真
    労働政策研究・研修機構 主任研究員

    事例紹介

    65歳までの定年延長と70歳までの再雇用制度の導入

    藤原 知広
    住友電設株式会社 人事部長

    65歳定年制度・最長70歳まで働ける継続雇用制度

    陶山 浩一朗
    太陽生命保険株式会社 人事部長

    株式会社ベイシア シニア雇用・雇用継続の取組み

    割石 正紀
    株式会社ベイシア 人事・総務法務事業部長

第2部 パネルディスカッション

  • ライブ配信 ◆ 12月12日(月曜)15時00分 ~16時30分

    期間内のみ視聴可能です。巻き戻し再生は出来ません。
    ※開始1時間前からZoomへの登録が可能です。

    コーディネーター

    藤本 真
    労働政策研究・研修機構 主任研究員

    コメンテーター

    鹿生 治行
    高齢・障害・求職者雇用支援機構 雇用推進・研究部 上席研究役

    パネリスト

    第1部事例紹介企業3社
     

お申込みについて

参加費
無料(要予約)
定員
1,000名
申込期限
2022年12月6日(火曜) 9日(金曜)15時まで*延長しました
※定員に達し次第、お申込み受付を終了させていただきます。
申込方法

下記フォームからお申込みください。

お申込み後、【受付完了・視聴URLのお知らせ】メールを送信します。
予め[jil.go.jp]からのメールを受け取れるよう設定して
ください

※お申込みフォームは、株式会社パイプドビッツのシステム「スパイラル」を利用しております。

参加方法

視聴方法
  • 配信にはZoomウェビナーを利用します。※ご視聴にはウェブブラウザとZoomアプリが必要です。
  • 【受付完了・視聴URLのお知らせ】または【視聴URLのご案内】メールに記載の視聴URLにアクセスして視聴してください。※第1部と第2部では「視聴URL」が異なります。それぞれのURLからアクセスしてください。
  • 視聴者の皆様のお顔が配信画面に映ることはありません。
  • 開催前日の15時以降に、配付資料のダウンロードURLが記載されたメールを配信予定です。
禁止事項
  • 視聴URL、配布資料を他者に提供することは禁止いたします。申込者のみ参加(視聴)、閲覧できます。
  • 動画の録画・録音は禁止いたします。著作権等についての注意事項
注意点
  • 通信環境が悪い場合、接続が不安定になったり、視聴できない場合があります。
  • 配信動画を視聴するための通信料は視聴者のご負担となります。

お問合せ先

労働政策フォーラム事務局(広報企画課内)

お問合せフォーム新しいウィンドウ

お問合せフォームは、株式会社パイプドビッツのシステム「スパイラル」を利用しております。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。