【募集案内】 東京労働大学講座 専門講座
(2022年度・第70回)会場開催(ビジョンセンター永田町/東京都千代田区)
主催:労働政策研究・研修機構   共催:東京都

開講中

定員に達したため受付を終了しました

東京労働大学講座は労働問題に対する理解を培うことを目的として昭和27年に開講し、今年で70回目を迎えます。

専門講座では受講生参加型のゼミナール形式による講義を中心に、理論・実務両面での課題対応力の強化を目指します。多くの方々のご受講をお待ちしております。

開催期間・定員

人事管理・労働経済コース
9月8日(木曜)~12月1日(木曜) 定員60名
労働法コース
9月12日(月曜)~12月15日(木曜)定員50名

「日程・講師」をご参照ください。

講義時間

午後6時30分から午後8時10分まで(100分)

会場

※各講義ごとの会場は日程表でご確認(PDF:165KB)ください。

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-28
合人社東京永田町ビル 6F,8F[受付:8F]
03-6262-3553

アクセス:東京メトロ 有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅(3番出口)」 徒歩0分
東京メトロ 銀座線・丸の内線赤坂見附駅 徒歩5分

受講料

各コースとも 45,000円(税込)

受講の方法

全日程を上記会場で対面開催します。

一部の課目を除いてオンライン(ライブ配信)でも受講できます。「日程・講師」をご参照ください。

  • ◆会場参加のみ

     オリエンテーション、グループディスカッションのある課目、総括指導。

  • ◆会場参加+オンライン受講(ライブ配信)

    上記以外の課目。 どちらの参加方法にするか事前申請は不要です。

    ※ライブ配信は、オンライン受講者から発言・質問ができない「一方通行型」になります。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、会場開催を中止し、全面オンライン受講(ライブ配信)に切り替える可能性があります。

その場合は、講師と受講生との間で質疑応答が可能な「双方向型」の配信となります。 なお、オンライン受講の場合も受講料に変更ありません。

オンライン配信の実施方法

  • Zoomでの配信

    (Zoomアプリをご利用できる環境、端末(PC等)、および必要に応じてマイク、カメラをご用意いただく場合があります。詳細はお申込み後にご案内します。)

    当日1回のみの配信(見逃し配信なし)

対象

広く労働問題に関心を持ち、人事管理・労働経済あるいは労働法の基本的知識を有する方、企業等の人事労務部門スタッフ及び同部門在籍経験者、労働組合役職員、社会保険労務士、キャリア・コンサルタント、大学院生、その他。(特に労働法コースについては、労働法の基本について学習・研修経験のあることが望ましい)

修了と結果通知

講義日数(総括指導を含む)の3分の2(10日)以上に出席するとともに、修了レポート(6,000~8,000字程度)を提出して審査に合格した方に修了証書を授与します。
2023年3月に結果を通知いたします。

表彰

東京都知事賞
…各コース成績最優秀者
労働政策研究・研修機構理事長賞
…各コース成績優秀者若干名

成績最優秀者及び成績優秀者には賞状を授与します。

申込締切

人事管理・労働経済コース
2022年8月31日(水曜)16時9月5日(月)まで延長しました
労働法コース
2022年8月31日(水曜)16時9月5日(月)まで延長しました

なお、定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

お問合せ

独立行政法人 労働政策研究・研修機構 東京労働大学講座事務局

送信フォームは、当機構が契約する株式会社パイプドビッツ新しいウィンドウ情報管理システム「スパイラル」新しいウィンドウのページへリンクします。