プログラム 第112回労働政策フォーラム(2020年12月15日)
アニメーターの職場から考えるフリーランサーの働き方

オンライン開催

開催終了 開催報告は3,4ヶ月後公開予定です。

アニメーターの約7割はフリーランサーとして働いているというデータがあります。彼ら、彼女らはどのような働き方をしているのでしょうか。多角的な視点からアニメーターの働き方について紹介するとともに、フリーランス労働の現状と課題について考えます。

日時
2020年12月15日(火曜)
方式
オンライン開催(Zoomウェビナー)
主催
労働政策研究・研修機構(JILPT)

プログラム

※事情によりプログラムが変更となる場合があります。予めご了承ください。

第1部 基調講演&研究・事例報告

  • 前日16時00分 ~当日13時30分 オンデマンド配信(約120分)

    時間内に約120分の動画をご視聴いただけます。13時30分までにご視聴を終えてください。

    主催者挨拶

    樋口 美雄
    労働政策研究・研修機構 理事長

    基調講演 *労働関係図書優秀賞記念講演

    『アニメーターはどう働いているのか?』からみるフリーランス労働

    松永 伸太朗
    長野大学 企業情報学部 助教

    令和2年度 労働関係図書優秀賞受賞作はこちら

    研究報告

    フリーランサーの働き方

    濱口 桂一郎
    労働政策研究・研修機構 研究所長

    事例報告

    実態調査にみるアニメ制作従事者の働き方

    桶田 大介
    弁護士(シティライツ法律事務所、東京弁護士会)・
    日本アニメーター・演出協会 監事

    東映動画労組の歴史と労働者としての権利

    沼子 哲也
    東映動画労働組合 副委員長

    アニメーターの働き方の課題

    船越 英之
    亜細亜堂労働組合 委員長

第2部 パネルディスカッション

  • 14時00分~15時00分 ライブ配信

    コーディネーター

    濱口 桂一郎
    労働政策研究・研修機構 研究所長

    パネリスト

    松永 伸太朗
    長野大学 企業情報学部 助教
    桶田 大介
    弁護士(シティライツ法律事務所、東京弁護士会)・
    日本アニメーター・演出協会 監事
    沼子 哲也
    東映動画労働組合 副委員長

お問合せ先

労働政策フォーラム事務局(広報企画課内)

お問合せフォーム新しいウィンドウ

お問合せフォームは、株式会社パイプドビッツのシステム「スパイラル」を利用しております。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。