日本労働研究雑誌 最新号:2018年9月号(No.698)


特集:人事部の役割・機能と歴史


2018年8月25日発行 B5判 104頁 1部852円+税(送料別) ご注文方法


※刊行後3ヶ月間は論文の要約を、3ヶ月経過後は全文をご覧になれます。(固定リンク)

2018年8月27日掲載

提言

中途採用拡大のすすめ(PDF:482KB)

仁田 道夫(東京大学名誉教授)

解題

人事部の役割・機能と歴史(PDF:564KB)

編集委員会

論文

個別人事における人事部門の役割─戦後史研究の視点から 要約

青木 宏之(香川大学教授)

日本企業における人事部門の企業内地位 要約

島貫 智行(一橋大学教授)

使用者の配転命令権と雇用保障 要約

金井 幸子(愛知大学准教授)

欧州の人事部─ドイツ企業における人事部・人事担当責任者の役割と企業内地位 要約

石塚 史樹(東北大学准教授)

人事部機能の集権化・分権化の方向性とその課題─日系企業と外資系企業の比較から 要約

一守 靖(慶應義塾大学産業研究所共同研究員)

紹介

グローバル経営に資する人材戦略と人事部門の変革─日立製作所の事例

山口 岳男(EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング特別顧問)

論文(投稿)

労働市場の潜在構造と雇用形態が賃金に与える影響─Finite Mixture Modelを用いた潜在クラス分析 要約

鈴木 恭子(東京大学大学院博士課程)

書評

大内伸哉・川口大司 編著『解雇規制を問い直す─金銭解決の制度設計』

野川 忍(明治大学法科大学院教授)

論文Today

ポスト工業社会における出産の理想と意思、ジェンダー不平等─比較定性分析から

鈴木 由真(東京大学大学院博士課程)

フィールド・アイ

ニューヨークとシェアリング・エコノミー(ニューヨークから②)

池田 悠(北海道大学准教授)


次号予告(2018年10月号)特集「男性労働」(仮)

女性の働き方は折りにつけ注目され特集される機会が多いですが、女性の職場進出の陰で男性の働き方にも多様性が生じ、従来の男性稼ぎ手モデルが揺らいできています。男性労働の変化という視角から多面的に議論します。次号もぜひご期待ください。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。