日本労働研究雑誌 執筆要領

1.本文

(1)項目の区分

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ ・・・・・・ (節)

1、2、3 ・・・・・・ (項)

(1)、(2)、(3) ・・・・・・

(2)図表は図と表をわけ、それぞれについて通し番号をつける。出所は必ず明記する。

(3)数字の表記

[例1] 1つ、1点、第1次、2通り、21世紀

[例2] 第一に

[例3] 数十日間、何千人

(4)外国の地名、組織名、制度名、人名等一般化していない固有名詞については、初出の際にその原語をかっこ内に付記する。

[例] アメリカ労働統計局(US Bureau of Labor Statistics)は・・・・・・

2.注

注は文末注とする。

3.参考文献

(1)参考文献は文末注に続ける。

(2)本文で参考文献に言及するときは著者姓(刊行年)とする。複数著(編)の場合は3人までは全員の名前を列挙する。4人以上は最初の1名以下は「ほか」「et al.」とする。

[例] 山田(2006)は・・・・・・
Smith, Clark and Winchester (2006) は・・・・・・
Smith et al. (2005) は・・・・・・

(3)リストは日本語文献と外国語文献にわけ、日本語文献は著者姓の50音順、外国語文献は著者姓のアルファベット順(姓、名)に並べる。同一著者の文献が複数ある場合には、出版年の若い順に並べる。

(4)表記例

1)日本語文献

《論文の場合》

三谷直紀(2006)「企業の最適世代構成と人材戦略」『日本労働研究雑誌』 No.550,pp.4-16

《単行本の場合》

水町勇一郎(2005)『集団の再生』 有斐閣.

《編著書の場合》

玄田有史(1994)「高学歴化、中高年化と賃金構造」 石川経夫編 『日本の所得と富の分配』 第5章、東京大学出版会.

2)外国語文献

《論文の場合》

Bean, Charles Richard (1990) "Endogenous Growth and the Procyclical Behavior of Productivity" European Economic Review, 34, 2-3 355-363.

《単行本の場合》

Greene, William H. (2003) Econometric Analysis, Upper Saddle River, NJ: Printice-Hall.

《編著書の場合》

Blundell, Richard and MaCurdy, Thomas (1999) "Labor Supply: A Review of Alternative Approaches," in O.Ashenfelter and D.Card (eds.) Handbook of Labor Economics, Vol.3A.

投稿規程へ戻る


*不明の点は編集部までお問い合わせ下さい。