ウェブアクセシビリティ方針
2016年 9月28日 改定

2013年3月29日 策定
2013年7月4日 改定
2014年6月19日 改定
2016年9月28日 改定

1.ウェブアクセシビリティについて

ウェブアクセシビリティとは、高齢者や障害者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。(総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」より)

ウェブアクセシビリティに関する日本工業規格JIS X 8341-3:2016(以下、JISと記載)が2016年3月に改正公示され、2016年4月に改定された総務省「みんなの公共サイト運用モデル(2016年)」により、公的機関に対しJISに対応したホームページとするための取り組みが求められています。

2.労働政策研究・研修機構の取り組み

労働政策研究・研修機構では、ホームページを成果普及の中心手段と位置付け、ウェブアクセシビリティの改善に努めています。

2011、2012、2013年度にはホームページのJIS対応状況に関する調査を行いました。調査の結果明らかになった問題点をふまえ、2015年度には公式ページ(一部対象外)のリニューアルを行いました。これにより主だった問題点を解決しています。

今後も引き続き、ウェブアクセシビリティに配慮のあるホームページ実現に向けて取り組んでまいります。

現在把握している主な問題点

  • グラフ等の画像があらわす複雑な内容の本文内での説明や、画像の代替テキストが適切でなく、音声読み上げソフトの利用者等に情報が適切に伝わらない箇所がある。
  • 引用元データの制約上、画像等の色に4.5:1 のコントラスト比をもたせることができないため、ロービジョンの利用者が、視覚的に確認できない箇所がある。

3.今後の目標(ウェブアクセシビリティ方針)

下記の方針でホームページの改善に取り組んでまいります。

今後の取り組み状況等を踏まえて、必要に応じて方針の見直しを行うこととします。

(1)目標とする適合レベル、期限

2017年度末までにJISの適合レベルAに一部準拠することを目標とします。

適合レベルAに一部準拠とは

JISにはA、AA、AAAの3つの適合レベルがあります。目標とした適合レベルに該当する達成基準を全て満たしていない場合に「一部準拠」と言います。この表記方法は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン2016年3月版(2016年3月22日)」新しいウィンドウで定められたものです。

(2)目標とする達成基準

JISが定める適合レベルAの達成基準25項目のうち、23項目。
以下の達成基準については運用の制約上、2017年度末までの目標の対象外とします。

  • 1.1.1「非テキストコンテンツの達成基準」
    グラフ等の画像があらわす複雑な内容について、可能な限り本文内で説明するように努めます。
  • 1.4.1「色の使用の達成基準」
    画像やイラスト等の引用元データの制約上、目標の対象外とします。

(3)追加する達成基準

JISが定める適合レベルAAの達成基準13項目のうちの10項目については目標に含め、可能な範囲で対応を行っています。

  • 1.4.4「テキストのサイズ変更の達成基準」
  • 1.4.5「文字画像の達成基準」
  • 2.4.5「複数の手段の達成基準」
  • 2.4.6「見出し及びラベルの達成基準」
  • 2.4.7「フォーカスの可視化の達成基準」
  • 3.1.2「一部分の言語の達成基準」
  • 3.2.3「一貫したナビゲーションの達成基準」
  • 3.2.4「一貫した識別性の達成基準」
  • 3.3.3「エラー修正の提案の達成基準」
  • 3.3.4「エラー回避(法的,金融及びデータ)の達成基準」

(4)対象範囲

労働政策研究・研修機構ホームページ(http://www.jil.go.jp/ ドメイン以下にあるページ)を対象とします。

ただし、旧法人(日本労働研究機構)において作成した以下のディレクトリについては目標の対象外とします。

(5)例外事項

  • PDF形式で提供しているコンテンツについて、できるだけHTMLページをあわせて用意するなどの対応に努めます。

4.ウェブアクセシビリティ検証結果

5.ウェブアクセシビリティ取組確認・評価表

みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)において作成した、ウェブアクセシビリティ取組確認・評価表

6.ウェブアクセシビリティ方針PDF版

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。