日本労働研究雑誌 2017年2・3月号(No.680)


学界展望:労働法理論の現在


2017年2月27日 掲載

※刊行後3ヶ月間は論文の要約を、3ヶ月経過後は全文をご覧になれます。

提言

労働法学の未来のために─歴史研究・比較研究・国際発信の重要性(PDF:479KB)

石田 眞(早稲田大学大学院法務研究科教授)

学界展望

労働法理論の現在─2014~16年の業績を通じて

緒方 桂子(南山大学法学部法律学科教授)

川田 琢之(筑波大学大学院ビジネスサイエンス系准教授)

富永 晃一(上智大学法学部法律学科准教授)

中窪 裕也(一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授)

労働法主要文献目録(2014~16年)

論文(投稿)

雇用契約期間不明に関する考察 要約

玄田 有史(東京大学社会科学研究所教授)

へき地の勤務条件に対する大都市の内科系勤務医の選好 要約

佐野 洋史(滋賀大学経済学部准教授)

後藤 励(慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授)

村上 正泰(山形大学大学院医学系研究科教授)

柿原 浩明(京都大学大学院薬学研究科医薬産業政策学教授)

誰が副業を持っているのか?─インターネット調査を用いた副業保有の実証分析 要約

川上 淳之(帝京大学経済学部准教授)

書評

リジー・バームス 著 『職場におけるいじめと行動紛争─個人的権利の双対性』

柏﨑 洋美(京都学園大学准教授)

加茂浩靖 著 『人材・介護サービスと地域労働市場』

花岡 智恵(京都産業大学経済学部准教授)

福井康貴 著 『歴史のなかの大卒労働市場─就職・採用の経済社会学』

石岡 学(同志社大学文化情報学部文化情報学科助教)

論文Today

賃金格差の拡大は何をもたらすのか─家庭内生産代替サービス市場からの考察

伊藤 大貴(慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程)

フィールド・アイ

混迷するブラジル─労働法改革の行方(サンパウロから①)

島村 暁代(信州大学経法学部総合法律学科准教授)

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。