日本労働研究雑誌 2004年特別号(No.534)


特集:労働政策の新たなフレームワーク―年金・雇用・キャリア形成


会議テーマ

労働政策の新たなフレームワーク(PDF:330KB)

第1セッション●市場原理とセーフティネット

論文

市場原理とセーフティネット(PDF:167KB)

八代 尚宏((社)日本経済研究センター理事長)

セーフティネットは誰が張るのか―労働金庫を例として(PDF:314KB)

猪木 武徳(国際日本文化研究センター教授)

第1セッション・討議概要(PDF:201KB)

第2セッション●雇用・年金をめぐる世代間利害調整

論文

高齢者の雇用対策―若年者との利害調整の観点から(PDF:167KB)

櫻庭 涼子(神戸大学大学院法学研究科助教授)

年金をめぐる世代間利害調整(PDF:241KB)

高山 憲之(一橋大学経済研究所教授)

第2セッション・討議概要(PDF:207KB)

第3セッション●非典型雇用とキャリア形成

論文

若年者の新しいキャリアとしての「未経験者歓迎」求人と「正社員登用」機会(PDF:319KB)

佐藤 博樹(東京大学社会科学研究所教授)

非典型雇用とキャリア形成(PDF:362KB)

土田 道夫(同志社大学法学部教授)

第3セッション・討議概要(PDF:207KB)

自由論題セッション

論文

制度改定による賃金構造の変化―企業内人事マイクロデータによるパネル分析(PDF:881KB)

井川 静恵(大阪大学大学院国際公共政策研究科)

賃金制度を少子化から評価する(PDF:888KB)

小川 浩(関東学園大学経済学部助教授)

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。