JILPT・日本キャリア教育学会 共催シンポジウム(2018年12月7日)
ツールを用いた就職支援とキャリア教育

開催終了

進路指導や就職支援において、従来、様々な適性検査やキャリアガイダンスツールが用いられてきました。近年は、キャリア教育においても、自己理解、職業理解の一環として、検査やツールの実施がみられるようになっているほか、進学率の上昇に伴う生徒や学生の多様化により、進路選択に対する意識形成が充分でない者、就職活動や職業選択に困難を抱える者への対応も重要課題となっており、検査・ツールを用いた支援方法も少しずつ広がりを見せています。しかし一方で、検査やツールの活用については、実施してはいるものの結果がうまく利用できていないとか、有効活用できているか自信がないという声を聴くのも事実です。そこで、本シンポジウムでは労働政策研究・研修機構が開発してきた検査やツール(GATB、職業レディネス・テスト、OHBYカード)を取り上げ、開発者の視点から若者の就職支援やキャリア教育における検査の有効な活用について考えます。

開催概要

日時
2018年12月7日(金曜) 14時00分~17時15分(開場13時)
会場
大隈記念講堂 大講堂(東京都新宿区戸塚町1-104) アクセス新しいウィンドウ
  • 東京メトロ東西線「早稲田駅」3a出口 徒歩5分
  • 都営バス(学02:高田馬場~早大正門間) 早大正門停留所からすぐ
主催
労働政策研究・研修機構(JILPT)
共催
日本キャリア教育学会

※本シンポジウムは、日本キャリア教育学会第40回研究大会のプレ企画の1つとして開催されます。詳しくは日本キャリア教育学会 第40回研究大会新しいウィンドウをご覧ください。

プログラム

※事情によりプログラムが変更となる場合があります。予めご了承ください。

  • 14時00分~17時15分

    問題提起

    ツールを用いた進路指導、就職支援の重要性・必要性

    室山 晴美
    労働政策研究・研修機構理事

    シンポジウム

    モデレーター(司会)

    安達 智子
    大阪教育大学准教授

    話題提供者

    GATBの活用

    深町 珠由
    労働政策研究・研修機構主任研究員

    職業レディネステストの活用

    室山 晴美
    労働政策研究・研修機構理事

    OHBYカードの活用

    菰田 孝行
    東京医科大学教育IRセンター

    指定討論者

    本間 啓二
    日本体育大学教授

    総合司会

    下村 英雄
    労働政策研究・研修機構主任研究員

お問合せ先

労働政策フォーラム事務局(広報企画課内)

電話:03-5903-6264(平日9時~17時30分) FAX: 03-5903-6114

お問合せフォーム新しいウィンドウ

お問合せフォームは、株式会社パイプドビッツのシステム「スパイラル」を利用しております。