プログラム 第118回労働政策フォーラム(2022年1月21日-25日)オンライン開催
副業について考える

お申込み受付終了 開催報告は3,4ヶ月後公開予定です。

働き方・就業意識の多様化が進展するなか、厚生労働省は「副業・兼業」について原則禁止から原則容認へとモデル就業規則の改訂やガイドラインを作成するなど、適切な促進に取り組んでいます。また、コロナ禍におけるテレワークの普及は働く人の副業への関心を高めるとともに、副業を解禁する企業も増えております。

本フォーラムでは、誰が副業をしているのか、企業の考え方や取組など、個人と企業の双方の視点から現状と課題についての理解を深め、今後の展望について議論します。

日時
第1部 2022年1月21日(金曜)10時00分~
25日(火曜)14時30分
第2部 2022年1月25日(火曜)15時30分~17時00分
方式
オンライン開催(Zoomウェビナー)
主催
独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)

プログラム

※事情によりプログラムが変更となる場合があります。予めご了承ください。

第1部 基調講演・報告

  • オンデマンド配信 ◆ 1月21日(金曜)10時00分 ~1月25日(火曜)14時30分

    上記の期間内に事前に録画した動画(約157分)をご視聴いただきます。
    (動画時間はおおよその目安です)期間内は何度でもご視聴いただけます。

    開会挨拶

    樋口 美雄
    労働政策研究・研修機構 理事長

    研究報告

    副業・兼業に関する労働政策の展開

    濱口 桂一郎
    労働政策研究・研修機構 労働政策研究所長

    報告

    副業・兼業の促進について

    木原 大樹
    厚生労働省 労働基準局 労働条件政策課 課長補佐

    基調講演

    副業の実態と課題 *労働関係図書優秀賞記念講演

    川上 淳之
    東洋大学 経済学部経済学科 准教授

    事例報告

    新生銀行の副業・兼業制度

    天明 純一
    株式会社新生銀行 グループ人事部 マネージャー

    IHIにおける副業制度の積極的活用について

    竒二 丈浩
    株式会社IHI 人事部 ワーク・ライフ企画グループ 部長

    大企業における、起業(複業)という挑戦

    脇 奈津子
    サントリーホールディングス株式会社 未来事業開発部
    株式会社一坪茶園 CEO兼CPO
    SAAI Wonder Working Community コミュニティマネージャー

第2部 パネルディスカッション

  • ライブ配信 ◆ 1月25日(火曜)15時30分 ~17時00分

    コーディネーター

    濱口 桂一郎
    労働政策研究・研修機構 労働政策研究所長

    パネリスト

    川上 淳之
    東洋大学 経済学部経済学科 准教授
    天明 純一
    株式会社新生銀行 グループ人事部 マネージャー
    竒二 丈浩
    株式会社IHI 人事部 ワーク・ライフ企画グループ 部長
    脇 奈津子
    サントリーホールディングス株式会社 未来事業開発部
    株式会社一坪茶園 CEO兼CPO
    SAAI Wonder Working Community コミュニティマネージャー

お申込みについて

参加費
無料(要予約)
定員
1,000名
申込期限
2022年1月20日(木曜)15時まで
※定員に達し次第、お申込み受付を終了させていただきます。
申込方法
定員に達したため、お申込み受付を終了しました

参加方法

視聴方法
  • 配信にはZoomウェビナーを利用します。
  • 視聴ページのURLを1月21日(金曜)10時までにメールでご案内します(件名【視聴方法のご案内】)。
  • 視聴者の皆様のお顔が配信画面に映ることはありません。
禁止事項
  • 視聴URLを他者に転送することは禁止いたします。申込者のみ参加(視聴)できます。
  • 動画の録画・録音は禁止いたします。著作権等についての注意事項
注意点
  • 通信環境が悪い場合、接続が不安定になったり、視聴できない場合があります。
  • 配信動画を視聴するための通信料は視聴者のご負担となります。

お問合せ先

労働政策フォーラム事務局(広報企画課内)

お問合せフォーム新しいウィンドウ

お問合せフォームは、株式会社パイプドビッツのシステム「スパイラル」を利用しております。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。