プログラム 第100回労働政策フォーラム(2018年11月29日)
働き方改革の実現に向けて─労使で乗り越える課題─

開催終了

働き方改革関連法案が通常国会で成立し、労働時間の見直し、休み方改革など、働き方改革の実現に向けて、企業の取り組みが進められています。こうしたなか、先行企業では、労使交渉を踏まえ、実効性の高い取組みを現場に落とし込み、働き方改革を企業・従業員双方の成長につなげようとしています。

本フォーラムでは、労使からの事例報告を踏まえ、働き方改革を実現するには、労使でどのような議論を積み重ねたのか。働き方改革の実効性を高めるには、どのような課題を乗り越える必要があるのか。労使それぞれの立場から、議論を展開します。

日時
2018年11月29日(木曜) 13時30分~16時30分(開場12時45分)
会場
有楽町朝日ホール アクセス新しいウィンドウ (東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)有楽町駅から徒歩2分程度
  • JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」中央口または銀座口
  • 東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」C4出口
  • 東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D7出口
主催
労働政策研究・研修機構(JILPT)

プログラム

※事情によりプログラムが変更となる場合があります。予めご了承ください。

  • 13時30分~14時00分

    基調講演

    働き方改革の実現に向けて─労使で乗り越える課題

    樋口 美雄
    労働政策研究・研修機構理事長
  • 14時00分~15時00分

    事例報告

    企業事例

    働き方改革の推進~意識改革、風土醸成をめざして~

    蟹江 謙悟
    全日本空輸株式会社人財戦略室労政部担当部長

    どうすれば生産性が上がるか?~カルビーの「働き方改革」~

    中村 有佑
    カルビー株式会社人事総務部海外人事ビジネスパートナー

    労働組合

    SCSKの働き方改革~職場の変化~

    深井 英明
    SCSKユニオン中央執行委員長

    労使で取り組む働き方改革~生きがい・働きがいの向上を目指して~

    前田 修平
    味の素労働組合事務局長
  • 15時00分~15時15分

    休憩(15分)

  • 15時15分~16時30分

    報告

    佐藤 博樹
    中央大学大学院戦略経営研究科教授

    パネルディスカッション

    パネリスト

    蟹江 謙悟
    全日本空輸株式会社人財戦略室労政部担当部長
    中村 有佑
    カルビー株式会社人事総務部海外人事ビジネスパートナー
    深井 英明
    SCSKユニオン中央執行委員長
    前田 修平
    味の素労働組合事務局長

    コーディネーター

    佐藤 博樹
    中央大学大学院戦略経営研究科教授

お問合せ先

労働政策フォーラム事務局(広報企画課内)

電話:03-5903-6264(平日9時~17時30分) FAX: 03-5903-6114

お問合せフォーム新しいウィンドウ

お問合せフォームは、株式会社パイプドビッツのシステム「スパイラル」を利用しております。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。