プログラム:第64回労働政策フォーラム
職場のメンタルヘルス対策を考える
(2013年1月21日)

近年、我が国では、増大し複雑化する業務、長時間労働、成果主義等を背景に、メンタル疾患になる労働者が増加しています。このことは、労働者個人の問題にとどまらず、職場全体の生産性に悪影響を及ぼしかねません。そのため、職場ごとにメンタルヘルス対策を行うことが求められています。

本フォーラムでは、労働者のメンタル疾患の罹患状況等を明らかにするとともに、職場のメンタルヘルス対策をどう行うか、行政、研究者、現場の視点から報告・議論します。

日時
2013年1月21日(月曜) 13時30分~17時00分(開場13時)
会場
浜離宮朝日ホール 小ホール(東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞社新館2階)アクセス新しいウィンドウ
  • 都営大江戸線・築地市場駅A2出口すぐ
  • 日比谷線・築地駅2番出口,東銀座駅6番出口(徒歩8分)
  • JR線/銀座線・新橋駅(徒歩15分)
主催
(独)労働政策研究・研修機構(JILPT)/(独)労働安全衛生総合研究所(JNIOSH)

※事情によりプログラムが変更される場合があります。ご了承ください。

13時30分~

基調報告

我が国のメンタルヘルス対策の現状と課題

椎葉 茂樹
厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課長

研究報告

こころのケア:職場は何をしたらよいか

原谷 隆史
労働安全衛生総合研究所作業条件適応研究グループ部長

調査報告

職場のメンタルヘルス対策の実態~アンケート調査から~

郡司 正人
労働政策研究・研修機構主任調査員

事例報告

Hondaのメンタルヘルス対策

小林 由佳
本田技研工業株式会社 人事部安全衛生管理センター
全社メンタルヘルス推進チーム

15時30分~

パネルディスカッション

パネリスト

椎葉 茂樹
厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課長
原谷 隆史
労働安全衛生総合研究所作業条件適応研究グループ部長
小林 由佳
本田技研工業株式会社 人事部安全衛生管理センター
全社メンタルヘルス推進チーム
郡司 正人
労働政策研究・研修機構主任調査員

コーディネーター

濱口 桂一郎
労働政策研究・研修機構統括研究員

お問合せ先

労働政策研究・研修機構 広報企画課

電話: 03-5903-6264(平日9時~17時30分) FAX: 03-5903-6114

お問合せフォーム新しいウィンドウ

お問合せフォームは、株式会社パイプドビッツ新しいウィンドウのシステム「スパイラル」を利用しております。