プログラム 第74回労働政策フォーラム
アンダークラス化する若年女性Part2~支援の現場から~
(2014年6月21日)

近年、若年の無業者・非正規労働者の増加に伴い、職業的自立または新たな家族を形成して生活を自立することが困難な若者が増えています。昨年のフォーラムでは、従来、そうした問題は男性を中心に焦点が当てられ、女性は「家族依存モデル」の労働者として看過されてきた傾向があることを指摘、可視化されにくい若年女性の貧困問題の背景や現状、課題などについて分析しました。本フォーラムでは、引き続き若年女性の自立問題を取り上げ、動き始めている支援の現場の実態と課題、今後の政策的支援の在り方について議論します。

日時
2014年6月21日(土曜)13時30分~17時30分(開場12時45分)
会場
JA共済ビル カンファレンスホール アクセス新しいウィンドウ (東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル1階 ※エントランスフロアは2階となります)
  • 東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線 「永田町駅」4番出口 徒歩2分
主催
労働政策研究・研修機構(JILPT)/日本学術会議

プログラム

※事情によりプログラムが変更となる場合があります。ご了承ください。

13時30分~

基調講演

労働と家庭からの排除~アンダークラス化する若年女性問題~

宮本みち子
放送大学副学長/日本学術会議連携会員

現場からの報告

「よりそいホットライン」の活動を通じて

遠藤 智子
一般社団法人社会的包摂サポートセンター新しいウィンドウ事務局長

豊中におけるパーソナルサポート事業の活動を通じて

白水崇真子
一般社団法人キャリアブリッジ新しいウィンドウ代表理事

若年女性の就労体験カフェの活動を通じて

小園 弥生
男女共同参画センター横浜南新しいウィンドウ管理事業課長

講演

女性の貧困問題の構造

丸山 里美
立命館大学産業社会学部准教授

15時55分~ (予定)

パネルディスカッション

パネリスト

宮本みち子
放送大学副学長/日本学術会議連携会員
遠藤 智子
一般社団法人社会的包摂サポートセンター事務局長
白水崇真子
一般社団法人キャリアブリッジ代表理事
小園 弥生
男女共同参画センター横浜南管理事業課長
丸山 里美
立命館大学産業社会学部准教授

コメンテーター

山田 昌弘
中央大学文学部教授/日本学術会議連携会員
金井 淑子
立正大学文学部教授/日本学術会議連携会員

コーディネーター

小杉 礼子
労働政策研究・研修機構特任フェロー/日本学術会議連携会員

お問合せ先

広報企画課

お問合せフォーム新しいウィンドウ

お問合せフォームは、株式会社パイプドビッツ新しいウィンドウのシステム「スパイラル」を利用しております。