ウェブアクセシビリティ検証結果
2015年8月31日

労働政策研究・研修機構 JIS X 8341-3:2010に基づく試験結果表示

2015年8月31日

労働政策研究・研修機構では、2014年6月19日 改定「労働政策研究・研修機構ホームページウェブアクセシビリティ方針」(PDF:20KB)で目標としている、JIS X 8341-3:2010の達成基準に基づく試験を行い、その結果を公表します。

1.目標としていた達成基準

JISが定める等級Aの達成基準25項目のうち、20項目。

以下の達成基準については運用の制約上、2014年度末までの目標の対象外としていました。

  • 7.1.1.1「非テキストコンテンツに関する達成基準」
  • 7.1.3.1「情報及び関係性に関する達成基準」
  • 7.1.3.2「意味のある順序に関する達成基準」
  • 7.1.4.1「色の使用に関する達成基準」
  • 7.2.4.1「ブロックスキップに関する達成基準」
    ※ただし、目標の対象外としていた7.2.4.1については、達成されました。

2.達成等級及び対応度

ウェブコンテンツのアクセシビリティ達成等級Aに一部準拠

※上記「一部準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドライン 第1版 - 2010年8月20日」新しいウィンドウで定められた表記による。

なお、等級AAについても試験を行った結果、以下の基準が達成されました。

  • 7.1.2.4「ライブの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準」
  • 7.1.2.5「収録済みの映像コンテンツの音声ガイドに関する達成基準」
  • 7.1.4.4「テキストのサイズ変更に関する達成基準」
  • 7.2.4.5「複数の到達手段に関する達成基準」
  • 7.2.4.6「見出し及びラベルに関する達成基準」
  • 7.2.4.7「視覚的に認識可能なフォーカスに関する達成基準」
  • 7.3.2.3「一貫したナビゲーションに関する達成基準」
  • 7.3.2.4「一貫した識別性に関する達成基準」

3.対象範囲

労働政策研究・研修機構ホームページ(http://www.jil.go.jp/ ドメイン以下にあるページ)を対象としました。

ただし、旧法人(日本労働研究機構)において作成した以下のディレクトリについては目標の対象外としました。

  • http://www.jil.go.jp/jil/

4.試験方法

ウェブページ単位での試験

ランダムサンプリングにより50ページを選択

5.試験を行ったウェブページのURI

ランダムな方法により選定したページ

  • http://www.jil.go.jp/activity/project/h16.html
  • http://www.jil.go.jp/activity/topic/h21.html
  • http://www.jil.go.jp/article/2009/index2.html
  • http://www.jil.go.jp/english/archives/bulletin/1999.html
  • http://www.jil.go.jp/english/archives/bulletin/2001.html
  • http://www.jil.go.jp/english/archives/survey/2004/no.02.html
  • http://www.jil.go.jp/english/ejournal/2005.html
  • http://www.jil.go.jp/english/events/0309_report.html
  • http://www.jil.go.jp/english/reports/jilpt_02.html
  • http://www.jil.go.jp/event/jil/kouen/20000711/siryou.html
  • http://www.jil.go.jp/event/jil/ro_forum/20010904/gaiyou.html
  • http://www.jil.go.jp/event/jil/ro_forum/20030220/weekly.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/2010072829/houkoku/01_fujii.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20130531/houkoku/images/02/02-04_large.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20130531/houkoku/images/03/03-02_large.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20130910/houkoku/images/03/03-03_large.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20131206/houkoku/01_asano.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20131206/houkoku/images/05/05-05_large.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20131206/houkoku/index.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20140414/houkoku/images/01/01-02_large.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/giji/20040723/houkoku.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/giji/20040723/panel.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/giji/20100317/index.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/info/20070907.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/profile/060131.html
  • http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/resume/080602/index.html
  • http://www.jil.go.jp/foreign/event/ko_forum/sokuho/20060526.html
  • http://www.jil.go.jp/foreign/link/index2.html
  • http://www.jil.go.jp/information/keiri/index.html
  • http://www.jil.go.jp/information/rireki/rireki2005_01-03.html
  • http://www.jil.go.jp/institute/discussion/2005/05-011.html
  • http://www.jil.go.jp/institute/reports/2009/0113.html
  • http://www.jil.go.jp/institute/reports/2011/0131.html
  • http://www.jil.go.jp/institute/research/2010/076.html
  • http://www.jil.go.jp/institute/research/2014/117.html
  • http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2012/111.html
  • http://www.jil.go.jp/institute/theme/chiiki_koyo/index.html
  • http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2007/index.html
  • http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2014/03/index.html
  • http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/bn/2005-3/index.html
  • http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/memorable/1000th/05_suwa.html
  • http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/archive/rireki.html
  • http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/topics/index.html
  • http://www.jil.go.jp/lib/dokusho/20130925.html
  • http://www.jil.go.jp/lib/tayori/200906/index.html
  • http://www.jil.go.jp/lib/tayori/201404/index.html
  • http://www.jil.go.jp/press/documents/20140212.html
  • http://www.jil.go.jp/publication/hrsys/vrtcard.html
  • http://www.jil.go.jp/rodoqa/01_jikan/01-Q10.html
  • http://www.jil.go.jp/tokusyu/keiyaku/index.html

6.例外事項

なし

7.依存したウェブコンテンツ技術

HTML、CSS、JavaScript

8.試験実施期間

2015年7月8日から7月9日

9.達成基準チェックリスト

等級A

細分箇条 達成基準 適用 適合 備考
7.1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準 適用 一部不適合  
7.1.2.1 収録済みの音声しか含まないメディア及び収録済みの映像しか含まないメディアに関する達成基準 適用なし 適合 動画、音声コンテンツなし
7.1.2.2 収録済みの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準 適用なし 適合 動画、音声コンテンツなし
7.1.2.3 収録済みの映像コンテンツの代替コンテンツ又は音声ガイドに関する達成基準 適用なし 適合 動画、音声コンテンツなし
7.1.3.1 情報及び関係性に関する達成基準 適用 一部不適合  
7.1.3.2 意味のある順序に関する達成基準 適用 一部不適合  
7.1.3.3 感覚的な特徴に関する達成基準 適用 一部不適合  
7.1.4.1 色の使用に関する達成基準 適用 一部不適合  
7.1.4.2 音声制御に関する達成基準 適用なし 適合 動画、音声コンテンツなし
7.2.1.1 キーボード操作に関する達成基準 適用 一部不適合  
7.2.1.2 フォーカス移動に関する達成基準 適用 適合  
7.2.2.1 調整可能な制限時間に関する達成基準 適用 適合  
7.2.2.2 一時停止,停止及び非表示に関する達成基準 適用 適合  
7.2.3.1 3回のせん(閃)光又はいき(閾)値以下に関する達成基準 適用 適合  
7.2.4.1 ブロックスキップに関する達成基準 適用 適合  
7.2.4.2 ページタイトルに関する達成基準 適用 一部不適合  
7.2.4.3 フォーカス順序に関する達成基準 適用 適合  
7.2.4.4 文脈におけるリンクの目的に関する達成基準 適用 一部不適合  
7.3.1.1 ページの言語に関する達成基準 適用 適合  
7.3.2.1 オンフォーカスに関する達成基準 適用 適合  
7.3.2.2 ユーザインタフェースコンポーネントによる状況の変化に関する達成基準 適用 適合  
7.3.3.2 ラベル又は説明文に関する達成基準 適用 適合  
7.4.1.1 構文解析に関する達成基準 適用 適合  
7.4.1.2 プログラムが解釈可能な識別名,役割及び設定可能な値に関する達成基準 適用 一部不適合  

等級AA

細分箇条 達成基準 適用 適合 備考
7.1.2.4 ライブの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準 適用なし 適合 動画、音声コンテンツなし
7.1.2.5 収録済みの映像コンテンツの音声ガイドに関する達成基準 適用なし 適合 動画、音声コンテンツなし
7.1.4.3 最低限のコントラストに関する達成基準 適用 一部不適合  
7.1.4.4 テキストのサイズ変更に関する達成基準 適用 適合  
7.1.4.5 画像化された文字に関する達成基準 適用 一部不適合  
7.2.4.5 複数の到達手段に関する達成基準 適用 適合  
7.2.4.6 見出し及びラベルに関する達成基準 適用 適合  
7.2.4.7 視覚的に認識可能なフォーカスに関する達成基準 適用 適合  
7.3.1.2 部分的に用いられている言語に関する達成基準 適用 一部不適合  
7.3.2.3 一貫したナビゲーションに関する達成基準 適用 適合  
7.3.2.4 一貫した識別性に関する達成基準 適用 適合  

10.準拠に向けたスケジュール

今後更新の際に順次基準を満たすように修正を進めていく予定です。