プログラム:第63回労働政策フォーラム(大阪開催)
経営資源としての労使コミュニケーション
(2012年11月9日)

良好な労使関係を築くことは、企業の発展、労働条件の向上にとって重要です。企業を危機から救うにも、さらなる発展に導くにも、労使が一体感と共通の方向性を持つことが不可欠です。信頼関係と良き緊張感のある労使コミュニケーションは大きな「経営資源」となります。

本フォーラムでは、わが国の労使関係の現状を明らかにするとともに、これからの労使関係はどうあるべきかを研究者、労働組合、経営者の視点から議論します。

日時
2012年11月9日(金曜)13時30分~17時00分(開場13時)
会場
大阪国際交流センター大会議室さくら(大阪市天王寺区上本町8-2-6 2階)アクセス新しいウィンドウ
詳細はご確認ください

  • 近鉄線・大阪上本町駅 14番出口 徒歩5分
  • 千日前線・谷町九丁目駅 10番出口 徒歩7分
  • 谷町線・四天王寺前夕陽ヶ丘駅 1番出口 徒歩7分
  • 谷町線・谷町九丁目駅 5番出口 徒歩8分
主催
労働政策研究・研修機構(JILPT)

※事情によりプログラムが変更される場合があります。ご了承ください。

13時30分~

基調報告

我が国の労使関係の過去・現在・未来

濱口桂一郎
労働政策研究・研修機構統括研究員

研究報告

労使関係のコペルニクス的転換の必要性

呉 学殊
労働政策研究・研修機構主任研究員

事例報告

資生堂労働組合の取り組み~イキイキと活力ある職場づくり~

赤塚 一
資生堂労働組合中央執行委員長

連結経営下、労組もグループ化へ~個別最適から全体最適へ~

恩田 茂
ケンウッドグループユニオン中央執行委員長

好ましい企業風土づくりは、経営者の経営姿勢の確立から

山田 茂
株式会社山田製作所代表取締役社長
15時30分~

パネルディスカッション

パネリスト

赤塚 一
資生堂労働組合中央執行委員長
恩田 茂
ケンウッドグループユニオン中央執行委員長
山田 茂
株式会社山田製作所代表取締役社長
呉 学殊
労働政策研究・研修機構主任研究員

コーディネーター

濱口桂一郎
労働政策研究・研修機構統括研究員

お問合せ先

労働政策研究・研修機構 広報企画課

Tel : 03-5903-6264( 平日9時~ 17時30分 )

Fax : 03-5903-6114/E-mail:forum [at] jil.go.jp ※[at]を@にご修正ください。