【ご案内】東京労働大学講座総合講座(平成29年度・第66回)

本講座の特色

  • 今回で66回目を数えます。これまでに修了者は2万7千人を超え、歴史と伝統を誇る講座です。
  • 「人事管理・労働経済」「労働法」の2つの部門で、現代の労働問題を学習するのに最適なトピックス31課目を精選して編成されています。
  • 講師陣には当該分野の第一人者が網羅されています。最高・最新の講義に接するまたとない機会です。
    (課目・講師陣の編成にあたっては、別掲の労働教育講座運営委員より全面的なご協力をいただいております)

開講期間

平成29年4月4日(火曜)から 7月13日(木曜) までの33日間(31講義日、 2 試験日)。(土・日曜日、祝祭日には、講義を行いません)

人事管理・労働経済部門
平成29年4月4日(火曜) ~ 5月30日(火曜)
労働法部門
平成29年6月1日(木曜) ~ 7月13日(木曜)

講義時間

18時30分~20時30分まで(2時間)

会場

東京大学法文2号館31番教室

会場は期間の途中で変更される場合があります。その際は事務局からご連絡いたします。

対象

労使一般(学歴、年齢を問いません)

定員

(1)一括受講(2部門とも受講)
300名
(2)部門受講
1部門につき50名
  • 「人事管理・労働経済部門」「労働法部門」のうちご希望の部門をご受講いただきます。
(3) 「人事管理・労働経済部門」の選択受講(9課目)
50名
  • 17課目のうち9課目を事前に選択してご受講いただきます。
  • 「労働法部門」の選択受講はありません。

受講料

(1)一括受講(2部門とも受講)
58,000円(税込)
  • ただし、10名以上の団体受講の場合は、1名53,000円(税込) 。
(2)部門受講
1部門につき35,000円(税込)
(3) 「人事管理・労働経済部門」の選択受講(9課目)
25,000円(税込)

試験

各部門の講義終了後、部門ごとに試験を行います。

各部門とも、試験問題の中から2課目の問題を選択し、解答していただきます。

修了資格

(1)一括受講者については、次のいずれかに該当するとき修了証書を授与します。

  • 半数(16日)以上の講義に出席し、 2部門4課目の試験を受けて、3課目以上の試験に合格した方
  • すべての講義(31日)に出席した方

(2)部門受講者については、次のいずれかに該当するとき部門の修了証書を授与します。

  • 3分の2 ( 人事管理・労働経済部門:12日、労働法部門:10日)以上の講義に出席し、部門2課目の試験を受けて合格した方
  • すべての講義(人事管理・労働経済部門:17日、労働法部門:14日)に出席した方

(3)「人事管理・労働経済部門」の選択受講者については、次のいずれかに該当するとき選択受講の修了証書を授与します。

  • 3分の2(6日)以上の講義に出席し、選択受講した課目の中から2課目の試験を受けて合格した方
  • すべての講義(9日)に出席した方

※いずれの部門も試験日は出席日数に含まれません。

表彰

※対象は一括受講者のみとなります

最優秀賞(東京都知事賞)
:成績最優秀者
優秀賞(労働政策研究・研修機構理事長賞)
:成績優秀者若干名
努力賞
: 講義皆出席で2部門(1部門2課目、計4課目)の試験合格者
  • ただし、実施主体の職員については表彰の対象から除きます。

修了

所定の過程を修了した者には、修了式(10月開催予定)において、修了証書を授与するとともに、成績優秀者の表彰を行います。 なお、欠席者には修了証書等を本人宛に郵送します。

日程(課目・講師)

日程、会場などに変更がある場合には事前にご連絡いたします。

お申込み方法

労働教育講座運営委員(平成29年3月現在)

佐藤 厚
法政大学キャリアデザイン学部教授
中村 二朗
日本大学大学院総合科学研究所教授
藤村 博之
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授
水町 勇一郎
東京大学社会科学研究所教授
森戸 英幸
慶應義塾大学法科大学院教授
八代 充史
慶應義塾大学商学部教授

実施主体

主催:
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
共催:
東京都
後援:
日本労使関係研究協会

お問合せ先

独立行政法人 労働政策研究・研修機構 東京労働大学講座事務局
〒177-8502 東京都練馬区上石神井4−8−23
Tel.03−5903−6264 Fax.03−5903−6114

お問合せ送信フォーム新しいウィンドウ

送信フォームは、当機構が契約する株式会社パイプドビッツ新しいウィンドウ情報管理システム「スパイラル」新しいウィンドウのページへリンクします。