均衡失業率、需要不足失業率(ユースフル労働統計フォローアップ)(2017年3月17日掲載)

2017年3月17日掲載

均衡失業率、需要不足失業率(ユースフル労働統計フォローアップ)(PDF:319KB)

― 2017年1月の需要不足失業率は マイナス0.26%(2016年第4四半期は マイナス0.20%) ―

グラフ:完全失業率、均衡失業率、需要不足失業率
― 季節調整値、2000年第1四半期~2016年第4四半期、2017年1月 ―

完全失業率、均衡失業率、需要不足失業率
注1:
グラフ右端の数字は、2016年第4四半期のもの。
注2:
需要不足失業率が最近で最も高かったのは2009年第3四半期の1.94%(完全失業率は5.42%)。
注3:
右端の離れている点は、2017年1月のもので、完全失業率(●)は2.95%、均衡失業率(×)は3.21%、需要不足失業率()は-0.26%ポイント。

いわゆるUV分析と呼ばれる手法で、「完全失業率」を「均衡失業率」と「需要不足失業率」の2つに分解しました。需要が回復すれば解消されると思われる分が需要不足失業率で、労働移動に時間を要するなどの理由で、企業における欠員と同時に存在するような失業の分が均衡失業率です。

「欠員率」(充足されない求人数の割合)と、「雇用失業率」の過去の実績から両者の関係を式で表し、その式により理論上両者が等しくなる(均衡する)率を算出し、それをもとに均衡失業率を得ます。

詳しい説明は、「ユースフル労働統計」各年度版の「8.1均衡失業率」にあります。  

○表:直近の状況
  期種 完全失業率 (%) 均衡失業率
(%)
需要不足
失業率(%)
四半期 2013年 第1 4.21 3.64 0.57
第2 4.06 3.60 0.46
第3 3.96 3.59 0.37
第4 3.87 3.56 0.31
2014年 第1 3.62 3.44 0.18
第2 3.62 3.46 0.16
第3 3.57 3.43 0.14
第4 3.48 3.38 0.10
2015年 第1 3.45 3.38 0.07
第2 3.34 3.31 0.03
第3 3.37 3.37 0.00
第4 3.27 3.33 -0.06
2016年 第1 3.21 3.30 -0.09
第2 3.16 3.29 -0.13
第3 3.06 3.23 -0.17
第4 3.05 3.25 -0.20
2016年 7月 3.03 3.20 -0.17
8月 3.12 3.28 -0.16
9月 3.04 3.22 -0.18
10月 3.00 3.21 -0.21
11月 3.07 3.25 -0.18
12月 3.08 3.29 -0.21
2017年 1月 2.95 3.21 -0.26

資料出所:総務省「労働力調査」、厚生労働省「職業安定業務統計」

注1:
計算の基礎とする労働力調査や職業安定業務統計の季節調整値は、通常、1月分発表時(2月末頃)に、過去の値が改定(改訂)されます。労働力調査の季節調整値は、2015年国勢調査結果による新基準で遡及改定された値で計算されます。均衡失業率や需要不足失業率は、改定(改訂)後の値で計算してあります。
注2:
均衡失業率と需要不足失業率は、一定の考え方に立って計算した推計値です。推計式の見直しに伴い、過去の値を改定することがあります。推計方法は、ユースフル労働統計の各年度版や、ホームページに掲載してあるユースフル労働統計補注3、下のエクセルデータの注をご覧ください。
注3:
月次データは、四半期データで求めた推計式を利用し、参考までに算出したものです。

1970年以降の各四半期の完全失業率、均衡失業率、需要不足失業率、欠員率、雇用失業率(Excel:約53KB)

参考グラフ 雇用失業率と欠員率の動き

 次のグラフは、横軸に欠員率、縦軸に雇用失業率をとって、各四半期の雇用失業率と欠員率(共に季調値)をプロットしたものです。図中、右上がりの45度線は、欠員率と雇用失業率が等しい線です。欠員率が高まれば雇用失業率は下がる、欠員率が下がれば雇用失業率は上がる、という関係のあることがわかります。この関係を利用して、完全失業率を均衡失業率と需要不足失業率に分解します。なお、雇用失業率と欠員率は、次式で計算した率です。

参考グラフ:雇用失業率と欠員率 (季節調整値)
―1967年第1四半期から2016年第4四半期―

雇用失業率と欠員率 (季節調整値)
雇用失業率と欠員率の計算式

資料出所:総務省「労働力調査」、厚生労働省「職業安定業務統計」

注:
縦軸は、完全失業率ではなく、雇用失業率であることに注意。

お問合せ先

調査部(統計解析担当)

E-mail: jilstat[at]jil.go.jp ※[at]を@にご修正ください。

Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。
Excel形式のファイルをご覧になるためにはExcel ® (※)が必要です。詳しくは「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。
※ Excel は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。