海外調査シリーズ2
ミャンマーの労働・雇用・社会─日系進出企業の投資環境─

定価: 2,000円+税 | 2017年3月発行

労働政策研究・研修機構[編]| A5判 | 372頁 | ISBN978-4-538-51002-6

アジア地域の労働・雇用・社会を進出日系企業の視点から調査した「JILPT海外調査シリーズ」の第2作

アジア最後のフロンティア。2011年の軍事政権から民政移管、2016年の政権交代、そして、急速に対外開放が進んでいるミャンマー。そのミャンマーに進出する日系企業が円滑な経営を行うために必要な労働・雇用・社会の情報を収集しました。

ミャンマー経済社会の特質、労働市場、労働法制、労使関係、社会保障などの情報を網羅的に整理した、ミャンマーの労働情勢を正しく理解するための1冊です。

目次

  • 第1章 ミャンマー概観~歴史、国土そして産業~
  • 第2章 テインセイン政権下の政治、国際関係そして経済
  • 第3章 人口動態と労働市場
  • 第4章 人的資源と人材育成および職業紹介
  • 第5章 労働法令
  • 第6章 ミャンマー企業の人事労務管理
  • 第7章 労使関係
  • 第8章 労働災害と労働安全衛生
  • 第9章 社会保障・社会福祉
  • 第10章 労働行政
  • 第11章 日系企業における人事労務管理