ビジネス・レーバー・トレンド 2004年1月号

写真
12月25日発行

毎月25日発行/A4変型判/56頁程度

  バックナンバー

 研究員などによる解説に加え、独自の取材をベースに、毎月の特集では、労働の現場で今、起こっていることの全体像を抽出。問題解決に向けた選択肢も提示します。

特集:育児と仕事――共働き世帯の現実――

目次

The Column

「仕事と私生活の共存に向けて」(PDF:333KB)

パク・ジョアン・スックチャ
(ワーク/ライフコンサルタント)

総合解説

「共働きと育児の調和を求めて」(PDF:1,228KB)

今田幸子・統括研究員

データ解説

JIL「育児や介護と仕事の両立に関する調査」(PDF:1,106KB)

上村聡子・情報解析部

JIL「女性の仕事と家庭生活に関する調査結果」(PDF:1,106KB)

調査部

座談会

「企業の育児支援――次世代育成支援対策推進法がもたらすもの」 (PDF:1,224KB)

武石恵美子/東京大学社会科学研究所助教授
矢田稚子/松下電器産業労働組合中央執行委員
木村邦明/NEC人事部労政シニアエキスパート

国際比較――仕事と生活の調和に向けて」(PDF:871KB)

前田信彦・立命館大学助教授

「中小企業の育児・就業継続支援策」(PDF:1,041KB)

上林千恵子・法政大学教授

保育現場はいま

「保育施設事例取材」(PDF:1,208KB)

・マツダが工場に保育施設をオープン・日立労使が託児所を共同経営
・新宿歌舞伎町で20年間24時間体制

調査部

コラム

「地域ネットワークで友だちづくり」(PDF:1,106KB)

宮木由貴子・第一生命経済研究所研究員

「育児介護休業法の見直しの方向と宮城まり子・立正大学助教授のコメント」(PDF:1,090KB)

「調査部」

先進諸国の動向 (PDF:1,117KB)

労働力率M字型と逆U字型、欧州諸国における2つの方向性

米はファミフレからワークライフバランスへ

「国際研究部」

毎号掲載 (PDF:1,535KB)

国内労働トピックス 労働行政、法律・制度改正、労使関係など
海外労働事情 世界各国の労働情報トピックスを紹介
最近の労働統計 専門家が最近の変化や見通しを分析
イベント アメリカの非典型労働者
連載 「窓口の達人」、「各地の学窓から」、「私のこの一冊」
労働関係図書紹介 新刊ピックアップ、受け入れ図書
Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウ PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。バナーのリンク先から最新版をダウンロードしてご利用ください(無償)。Adobe Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合は「閲覧に必要なソフトウェアについて」をご覧ください。